近所のスター再登場 ノゴマ

野鳥の世界 ノゴマ

秋、南の越冬地へ向けて渡りをするノゴマ。今年も、渡り途中のノゴマが、姿を見せてくれましたので、その紹介です。

いつものウォーキングコースに、ノゴマが立ち寄る場所があるので、「そろそろいるだろうか?」と、行ってみることに。
渡り途中のノゴマは、低木の茂みに隠れていることが多く、見つけるのは容易ではないのですが、その日は、「ノゴマがいましたよ!」と、見知らぬ、おばさまバードウォッチャーが教えてくれました。

「昨年よりは、随分早いなー」と、ウキウキしながら、ノゴマを探すこと数十分。けれども、ノゴマは、一向に姿を見せてはくれません。その日は、運悪く、あーちゃんよりさらに辛抱のない、たーさんが一緒にいます。「今日は、もう無理かなー。そろそろ行こうかなー」と思った矢先、ノゴマが姿を現してくれました!

ノゴマ20
2016年10月 埼玉県 低木の上に登場のノゴマ(オス)

急いでパシャリ!と1枚撮らせてもらったのですが、ノゴマは、すぐさま茂みの中へと隠れてしまいました。早っ!

この後、ノゴマが再び姿を見せてくれる保障はありません。「もう行こうか」と、のたまう、たーさんを尻目に、あと少しだけ待ってみることに。約10分後・・・ノゴマが再び姿を現してくれました!先ほどの場所から、数メートル離れた枝に止まっています。

ノゴマ21
近所のスター、再登場!

昨年、同じ場所で見かけたノゴマのオスは喉の赤い部分の色味が鮮やかでしたが、今年見かけたノゴマは赤色が薄いです。個体差か若鳥かは?です。

ノゴマ22
喉の赤色が薄いノゴマ

この後、ノゴマは、

ノゴマ24
左を向いて

ノゴマ23
右を向いて

姿を消してしまいました。

短い観察時間でしたが、姿を見せてくれただけでも、感謝、感謝です。
無事、越冬地まで辿り着き、来年も、この場所に立ち寄ってくださいね、ノゴマさん!チュ!

<余談>
今回見かけたノゴマが、今年生まれの若鳥だった場合、「どうして、この場所を知っているのだろう?」と不思議に思います。この場所を知っているノゴマから教えてもらわない限り、若鳥が単独で立ち寄ることはできないですから。
野鳥の世界は、奥が深いですねぇ。

ノゴマの関連記事:
「近所のスター ノゴマ」はこちら
「秋の隠れ家 ノゴマ」はこちら
「小さくても元気いっぱい ノゴマ」はこちら

<ノゴマを脅かすもの>
草原・灌木林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

営巣場所はパラダイス カルガモ

野鳥の世界 カルガモ

野鳥達にとって、理想の営巣場所とはどんな環境かというと・・・安全で食べ物が豊富にあること!です。自然界で、そのような場所を見つけることができた野鳥はラッキーですが、あえて、人との共生を選ぶ野鳥もいます。今回は、究極の子育て場所を見つけたカルガモのお話です。

とある病院の前に、柵で囲われた10m×15mほどの小さな池があり、そこでは、数匹の大きなコイが飼育されています。何と、その池を、カルガモが子育ての場として利用しているのを発見!

カルガモ11
2016年7月 埼玉県 とある病院の敷地内の池 カルガモ

池には、お風呂のように木の枠があり、その中にカルガモのヒナがたくさんいます。数えてみると・・・9羽も!

カルガモ12
カルガモのヒナは9羽

カルガモのヒナは、お風呂に浮かべて遊ぶアヒルさながら、おもちゃのように見えます。

カルガモ13
お風呂に浮かべて遊ぶおもちゃみたい!

この池のほとりに立ち、カルガモたちを眺めてみると・・・その距離、わずか数メートル。こんなに近い距離で、カルガモのヒナを観察させてもらったのは初めてです。通常、カルガモは、人が近づくと警戒して、ヒナを連れて逃げたり、隠れたりします。

カルガモは、メスが子育てをするのですが、このお母さんカルガモは、全く警戒するそぶりも見せず、ヒナたちをしっかりと見せてくれました。柵もあるし、池の横を頻繁に人が通るので、天敵に襲われる確率は非常に低く、子育てするには安全な場所といえます。

ヒナたちは、あちらこちらと元気に動き回って食べ物を探していました。

カルガモ14
楽しそうなヒナたち

カルガモ15
木の枠によじ登ったヒナ

ヒナ達は、水に浮いているものは、何でもくわえて興味津々のようでした。

カルガモ16
葉っぱをパクッ

カルガモ17
花びらをパクッ

そして、こんな物まで・・・

カルガモ18
羽をパクッ

さて、子育てのもう一つの条件、食べ物が豊富にあるかどうか?ですが・・・ありました。石の上に、食べ物がた~んと置いてありました。病院の職員の方が置いたのでしょうか。

カルガモ23
食べ物を吟味中のヒナ

コイへの餌やりと兼ねているのか、たくさんのパンも水に浮いていました。

カルガモ19
「これは食べ物でちゅ!」

カルガモ20
「いただきまちゅ!」

と、そこへ親鳥がやって来て、

カルガモ21
「お母さんがいただくわ!」

パンを食べてしまいました。「え~、親なのに!子供の食べ物を横取り?」

カルガモ22
親鳥がパクッ!

子育ての場所として、人との共生を選んだカルガモの親鳥。食べ物はたっぷりあるし、人が危害を加えない上、見張り役として利用できることを知っているのか、カルガモ達の安心しきった様子は、まさに「パラダイス」状態でした。これなら、自然界の営巣場所と比べると、ヒナ達が育つ確率は、非常に高いと思われます。

けれども、問題もあります。柵の中の小さな池で、親鳥は天敵や自然界で食べられる物をヒナたちに教えられるのかなぁと、ちょっと疑問が。ヒナ達が独り立ちした後、そのツケが回ってくるのかも?

超至近距離で、観察させてくれてありがとう。自然界で立派に生きていけるよう、ヒナ達の教育も頑張ってくださいね、カルガモのお母さん!チュ!

<余談>
最初、カルガモのヒナを見かけた時は、カンカン照りの暑い日でした。草が茂っている岩の上に、親鳥とヒナ数羽しかいなかったので、他のヒナは暑さを逃れて隠れていたのかもしれません。さらに、カメラも持っていなかったため、後日、小雨が降る中、再度行ってみると・・・何と、9羽もヒナがいるではありませんか!しかも、観察しやすい場所に、全員集合していたし。

よくぞ、こんな小さな池で子育てをする気になったものだと、カルガモのお母さんの目のつけどころには、本当にビックリさせられました。利用できるものは利用する、母は強し、逞しですね。

カルガモの関連記事「ゼンマイ仕掛けのミニチュアたち カルガモ」はこちら

<カルガモを脅かすもの>
湖沼・池・河川の消失:生息場所がなくなります。
人による捕獲:害鳥として駆除されるケースがあるそうです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒナは4兄弟 コチドリ

野鳥の世界 コチドリ

初夏、水辺で子育てをするコチドリ。今回は、子だくさんのコチドリ一家を目撃したので、その紹介です。

そろそろコチドリたちが来ているかな~、ということで、過去に何度か、コチドリを観察したことがある湖に行ってみると・・・いました!コチドリのオスが求愛の真っ最中です。羽を広げ、メスにアピールしています。

コチドリ53
2016年4月 東京都 とある湖の護岸 コチドリ(メス:左、オス:右)

そして、めでたくカップル成立!

コチドリ54
コチドリのカップル(メス:下、オス:上)

それからしばらくして、再び同じ場所を訪れてみると・・・いました!虫のように小さなコチドリのヒナが!

コチドリ55
2016年5月 東京都 とある湖の護岸 コチドリのヒナ

コチドリのヒナは、こんなに小さくても、ちゃんと虫を捕まえて食べています。

コチドリ56
虫を捕えるコチドリのヒナ

コチドリのヒナは数羽いて、離れた場所に点在していました。とても小さい上、チョコチョコと動き回るので、すぐに見失ってしまうのですが、何羽いるかを数えてみると・・・全部で4羽!でした。

コチドリ57
コチドリのヒナのツーショット ヒナは全部で4羽!

と、ここで、コチドリの親が鳴き始めました。

コチドリ58
鳴き始めるコチドリの親(メス)

この親鳥は、4月に見かけたコチドリとは違うメスでした。ヒナたちを呼び寄せるべく、鳴き続ける親鳥。ヒナたちは、親鳥の方へと走り出しました。

コチドリ59
親鳥の元へ駆けよるヒナたち(親鳥:前、ヒナ2羽:後)

そして、1羽ずつ、順番に親鳥の羽の下へと潜り込みます。

コチドリ60
1羽目が潜り

コチドリ61
2羽目は近くで待機

コチドリ62
2羽目が潜り

コチドリ63
3羽目が駆け寄り

コチドリ64
親元へ到着

コチドリ65
3羽目が潜り

最後の1羽は・・・まだ放浪中。

コチドリ66
最後まで、ウロウロしていたヒナ

コチドリ67
無事、4羽目が潜って完了

ヒナが4羽も潜って大丈夫?と思っていたら、親鳥の羽の下から、2羽がはみ出していました。

コチドリ68
お尻がはみ出ているヒナ

コチドリ一家とあーちゃん達との距離は結構離れている上、柵があるのでコチドリのいる護岸への立ち入りはできません。護岸の上は、遊歩道になっており、大勢の人が歩いているので、人には慣れているはずだけど・・・。このコチドリの親は、何に警戒している?と考えてみた時、自分達を凝視する人間を警戒しているのだと気づきました。すぐさま、その場を離れて、数メートル歩き、コチドリたちの様子をチェックしてみると、ヒナたちは、一斉に親元を離れて、元気に動き回っていました!

コチドリ69
ヒナを凝視すると・・・

コチドリ70
親鳥が「めっ!」と威嚇します

「あれまぁ~、警戒させてしまって、ごめんなさい!」と、反省しつつ、その場を後にしました。
さすが親鳥ですね~。人に慣れているとはいっても、念には念を!ということで、ちゃんとヒナを呼び寄せるのですね。

ヒナ4羽も大変ですが、頑張って子育てしてくださいね、子だくさんのコチドリさん!チュ!

<余談>
野鳥たちが子育てをする様子を観察することは、とてもワクワクする出来事で、多くの人に教えたいという方も多いと思います。けれども、子育ての場所を実名で公開してしまうと、大勢の人が押し寄せたり、長時間居座り続ける人がいたりして、野鳥たちにしてみれば、とても迷惑な事に違いありません。
結果、親鳥が子育てを放棄したり、カラスにヒナを捕食されたりと、繁殖失敗につながるケースも多いようです。
子育ての時期は、特に野鳥たちに配慮してあげないといけませんね。

コチドリの関連記事:
「密着取材コチドリ 産卵編」はこちら
「美人争奪戦 コチドリ」はこちら
「目力で勝負! コチドリ」はこちら

<コチドリを脅かすもの>
水田・河川・干潟の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

波にも負けず戦法 キアシシギ

野鳥の世界 キアシシギ

暖かい南の地域で越冬を終え、北の繁殖地へ向けて移動するシギやチドリ類の中で、埼玉に立ち寄る旅鳥は、とても少ないようです。何故なら、埼玉には海がなく、彼らの餌場となる干潟もないですから・・・。そんな中、幸か不幸か、旅の途中で、不時着してしまったと思われるシギに出会ったので、今回はその紹介です。

春は嵐のような日が多く、「こんな暴風では、旅鳥たちは移動するのに苦労しているだろうなー」と、思うことがよくあります。その日は、久しぶりに、とある湖に行ってみることにしました。数日前、台風並みに荒れた日があり、その日も、かなりの強風でした。

「こんなに風が強いんじゃー、誰もいないかも」と思いながら、歩いていると・・・湖の岸辺に誰かいます。

キアシシギ15
2016年5月 埼玉県とある湖 この野鳥は?

シギ類の野鳥のようです。この短足具合からすると・・・キアシシギ!です。

キアシシギ16
「短足ですけど何か?」 キアシシギ(夏羽)

南西諸島の干潟などでは、スタスタと元気に歩き回ってカニなどを採餌するキアシシギを何度か見かけたことがあるのですが、この時出会ったキアシシギは、ちょっと様子が違っていました。相当疲れていたのか、ほとんど動かないのです。

しかも、護岸コンクリートの上では、食べ物も、あまりないはず。栄養補給に、わざわざ立ち寄ったというよりは、不時着してしまった可能性が高いです。

波がバッシャン、バッシャンとキアシシギの足元を打ちつけています。

キアシシギ17
強風のため、波が荒い

今にも波にのまれそう。大丈夫?

キアシシギ18
波にのまれそうなキアシシギ

波しぶきがキアシシギを襲います。ザッバ~ン!

キアシシギ19
あっ、危ない!

と、見ている方がハラハラしたのですが、このキアシシギは、波打ち際に居続けました。
「どうして逃げないのかな?」と思ったのですが、逃げないのには、ちゃ~んと理由がありました。

このバッシャン、バッシャンの波に紛れて、食べ物が岸辺に打ち上げられるのです。それを、キアシシギが、うま~くゲット!

キアシシギ20
食べ物を捕えるキアシシギ お見事!

この「波にも負けず戦法」は、疲れた体を動かすことなく、荒波を利用して、効率よく食べ物を捕まえる最適な方法だったのですねぇ。
この場所に不時着してしまったにせよ、このキアシシギは、きっと大丈夫でしょう。

数日後、同じ場所を訪れてみると、あのキアシシギは、もういませんでした。すでに、北に向けて旅立った後のようです。

埼玉では、なかなか出会う機会がありませんが、一時でも姿を見せてくれてありがとう。無事、繁殖地までたどり着いてくださいね、キアシシギさん!チュ!

<余談>
キアシシギといえば、短い足をせっせと動かし、砂にくちばしをブスッと突き刺したりして、せわしなく食べ物を探している印象が強かったのですが、今回出会ったキアシシギの様子を観察したことにより、イメージが一変しました。
ほとんど動くことなく、食べ物を探すこともできる鳥さんだったのですね。
場所が違えば、採餌方法も違うということを改めて教えてもらいました。野鳥たちの生き抜く知恵に感心!

キアシシギの関連記事「短足の頑張り屋 キアシシギ」はこちら

<キアシシギを脅かすもの>
砂浜・干潟・磯・水田などの減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

フワフワの巣材集め エナガ

野鳥の世界 エナガ

癒し系の野鳥の代表といえば・・・エナガ!今回は、エナガの巣材集めの瞬間を観察できたので、その紹介です。

動きが素早いエナガですが、冬季は群れで行動することが多いため、いろいろな場所で観察することができます。落葉した樹木で、エナガを発見。

エナガ3
2015年12月 埼玉県とある公園1 エナガ

別の公園でも、ちょこまかと動き回るエナガが。

エナガ4
2016年1月 埼玉県とある公園2 エナガ

春になると、エナガはパートナーを見つけて、巣作りを開始します。
桜が開花し始めた頃、樹上と地面とを行ったり来たりしているペアのエナガを発見。くちばしに何かをくわえています。

エナガ5
2016年3月 埼玉県とある湖付近の林 エナガ

拡大してみると・・・羽毛です!

エナガ6
羽毛をくわえるエナガ

エナガは、巣の内側に大量の羽毛を敷きつめることが知られています。この時出会ったエナガは、巣材用の羽毛を集めている最中だったのですね。正面から見ると、面白い顔です。ヒゲを生やしているみたい!

エナガ7
くちばしの左右に羽毛が。まるでヒゲのよう!

この後、エナガは地面に降りて、さらに羽毛がないか?探していました。

エナガ8
羽毛を探すエナガ

次に、このエナガを見かけた時、かなりの量の羽毛をくわえていました。後ろ向きですが、たくさんの羽毛が見えます!

エナガ9
たくさんの羽毛を集めたエナガ

あの小さなくちばしでも、一度にたくさんの羽毛をくわえることができるのですね~、感心!
この後、2羽のエナガは、林の奥へと姿を消して行きました。

お花見をしようと、普段より人通りの多い日でしたが、ほんの一瞬だけ、エナガたちは、巣材集めの様子を観察させてくれました。ありがとう、巣作り頑張って!チュ!

<余談>
「森の妖精」と勝手に命名するほど、姿形・生態が興味深いエナガ。
ここ数年の話ですが、年に数回、2羽~5羽ぐらいのエナガが庭の水場を利用している現場を見かけます。けれども、未だに写真は撮れず・・・。動きが素早いので、「あっ、いる!」と思って、カメラを準備しても、次の瞬間、もういないのです。
いつか、庭の水場にやって来るエナガたちを紹介できれば!と思います。タイトルは・・・「庭に妖精がやって来た!」かな?いつになるやら?

エナガの関連記事:
「白い妖精 シマエナガ」はこちら
「気のいい森の妖精 エナガ」はこちら

<エナガを脅かすもの>
森林破壊:森の妖精ですので森がなくなると生息できません。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ