アオショウビン in シンガポール

野鳥の世界 アオショウビン

背中が美しい水色のアオショウビンという鳥さんがいます。カワセミの仲間の野鳥で、中東~東南アジアにかけて生息し、日本では迷鳥として先島諸島に現れることがあるそうです。今回は、シンガポールで出会った、アオショウビンのお話です。

ナンヨウショウビンと同じく、このアオショウビンも、ぜひともシンガポールで観察させてもらいたい!と思っていた野鳥です。
現地へ到着早々、すぐさま、シンガポール植物園(Singapore Botanic Garden)に行ってみることに。この植物園は、ユネスコ世界遺産に登録されており、野鳥がたくさん生息しているそうです。さて、アオショウビンはいるでしょうか?

カワセミの仲間は水の近くにいるはず、ということで、エコレイク(Eco Lake)の周囲を歩いてみると・・・いました!アオショウビンです。いきなりの登場です!

アオショウビン1
2017年1月 シンガポール植物園 アオショウビン

シンガポール5
アオショウビンがいたエコレイクの風景

アオショウビンは腹部が茶色のため、木々に紛れていると、見落としがちです。「あそこにいる!」と、説明するものの、実際、たーさんは、なかなか見つけられませんでした。

「もっと、見やすい場所に出て欲しいなー」と思っていると、アオショウビンは、飛び去ってしまいました。あれま・・・。

アオショウビンが飛び去った方向を探してみると・・・いました、よかった!今度は、観察しやすい場所にいます。

アオショウビン2
観察しやすい場所に移動してくれたアオショウビン

アオショウビンの体長は約25cm、カワセミの仲間だけあって、これまた、かなりの頭でっかちです。

アオショウビン3
頭でっかちのアオショウビン

アオショウビンは、カエルやトカゲ、魚類などを捕食します。このアオショウビンは、食事の直後なのか、くちばしに泥がついています。

アオショウビン4
くちばしの先に泥が

アオショウビンの鳴き声は大きく、頻繁に「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」と鳴きます。
翌朝も、アオショウビンの鳴き声を頼りに探してみると、チラッと姿を見せてくれました。

次は、広大な植物園施設、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)で、探鳥してみることに。

その名もずばり、キングフィッシャーレイク(Kingfisher Lake)という水場があり、いかにもカワセミがいそうな雰囲気です。

シンガポール6
キングフィッシャーレイク

けれども、そこでは、カワセミの姿を見かけませんでした。

夕方、小さな池の周辺から、例の「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」という、アオショウビンの鳴き声が聴こえ始めました。池の周囲は植物で覆われており、声はすれども姿はみえず状態で、アオショウビンを確認できず。しばらくすると、鳴き声も聴こえなくなりました。せっかくいたのに、残念!

この日は、シンガポール滞在最終日で、そろそろ時間切れです。帰り際、キングフィッシャーレイクの西にある水辺のほとりを通りかかった時、青色の物体がサッと動くのが目に入りました。この辺りに何かいた?と探してみると・・・いました!アオショウビンです。先ほど、鳴いていたのは、このアオショウビンでした。この場所へ移動していたのです!

アオショウビン5
再び、アオショウビン登場

せっかく会えたけど、これまた非常に見づらい場所に止まっています。場所を移動すると見やすいかも?と思い、他の所から観察するも、アオショウビンの姿は、まったく見えず。

と、そこへインド人らしき一家がガヤガヤとやって来て、思いっきり水辺にズカズカと進んで行きました。すると、驚いたアオショウビンが飛び立ち、対岸の枝に止まりました。これは、ラッキーです。さっきより、ずっと見やすい!

アオショウビン6
アオショウビンが対岸へ

そこで、アオショウビンは羽づくろいを始めました。

アオショウビン7
羽づくろいをするアオショウビン

アオショウビン8
背中の水色がきれいです

シンガポールで出会ったカワセミの中で、最も姿を見せてくれたのが、アオショウビンでした。最後の最後に再び登場してくれてありがとう。お元気で!チュ!

<余談>
アオショウビンを驚かせたインド人らしき一家に、アオショウビンが対岸の枝に止まっていることを、たーさんが教えたのですが、その反応は「ふ~ん」と、いった軽いものでした。彼らが大騒ぎして夢中になって観察していたのは、シロハラクイナ!でした。

後から考えてみると、アオショウビンの生息地は広範囲なので、彼らは幾度となくアオショウビンを目撃したことがあったのでしょう。逆に、あーちゃん達は、南西諸島で何度もシロハラクイナに出会っていたため、その時は、アオショウビンに夢中でした。
国が違えば、興味の対象も異なりますねぇ。旅先での人々の反応は、なかなか面白いです!

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ナンヨウショウビン in シンガポール

野鳥の世界 ナンヨウショウビン

美しい青緑の羽色を持つナンヨウショウビンという鳥さんがいます。カワセミの仲間の野鳥で、日本では迷鳥として先島諸島に現れることがあるそうです。今回は、シンガポールで出会った、ナンヨウショウビンのお話です。

寒波到来の日本とは真逆の気候のシンガポールへ行くことになり、せっかくなので、南国の野鳥たちを観察させてもらうことにしました。向かった先は、渡り鳥たちの重要な休憩地点にもなっているスンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)です。

シンガポール1
2017年1月 スンゲイブロウ湿地保護区

マングローブ林と湿地が広がっていて、到着早々、おっかなびっくりの生き物に遭遇!

シンガポール2
木陰で休憩中のワニ!

遊歩道に沿って進んでいくと、まず日本では見かけない立て看板が!

シンガポール3
ワニ注意!

そして、こんな生き物が水場から、ヌゥ~と、顔を出しています。

シンガポール4
「こんにちは~」と、オオトカゲ!デカすぎる!

見慣れぬ生き物たちに圧倒されつつ、このスンゲイブロウ湿地保護区で、ぜひとも観察したいと思っていたのが、ナンヨウショウビンです。前日、植物園で、ナンヨウショウビンの姿を見かけたものの、写真を撮らせてもらうことができなかったので、ここでは絶対に撮らせてもらう!と決めていました。

けれども、そううまくはいきません。ナンヨウショウビンは鳴き声が大きく、存在はすぐに分かるのですが、あっという間に逃げ去るのです。

ナンヨウショウビンの体長は約24cm、カエルや昆虫類などを捕食します。さすが、マングローブ林だけあって、食べ物が豊富にあるのでしょう。「キィキィキィ」の鳴き声や、飛んでいる姿を確認できた数は10羽以上。けれども、まだ1枚も撮らせてもらえません・・・。

とうとう遊歩道を1周し終え、熱さと湿気で体力も限界の中、最後の望みをかけて、入り口付近の林へ行ってみることに。すると、青い鳥が飛び去る姿が見えました。飛んで行った方向を探してみると・・・ものすご~く遠いのですが、木々の間からナンヨウショウビンの姿が見えました!手前の枝が邪魔で、ピントが合わないのですが、何とか写真を撮らせてもらいました。

ナンヨウショウビン1
ナンヨウショウビン発見

こちらを向いてくれました!急いでパシャリ

ナンヨウショウビン2
こっちを向いてくれました

そして、ピントが合った唯一の写真。

ナンヨウショウビン3
遠いので、これが限界

結局、シンガポール滞在中、ナンヨウショウビンの写真を撮らせてもらえたのは、この時だけでした。このナンヨウショウビンには、本当に感謝感謝です、ありがとう!チュ!

<余談>
予想以上の暑さと湿気に体がついてこず、意識がモウロウとする中、野鳥を観察していたせいか、とんでもないうっかりミスをしてしまいました。
なんと、スンゲイブロウ湿地保護区内の野鳥観察小屋に、貴重品の入ったバッグを置き忘れてしまったのです!!!
中には、クレジットカードの入った財布や携帯電話が。
カメラと双眼鏡は、しっかりと手に持ち、バッグを持たずに進むこと約10分。なんか、ちょっと変?と思い、荷物を確認したら、バッグがない!ことに気づきました。ここは海外、日本ではありません。野鳥観察小屋を出るとき、入れ違いに、誰か入って行くのを見たし、ヤバイ!!!
猛ダッシュで野鳥観察小屋に戻ると・・・ありました!バッグは無事でした、ほっ!
これは奇跡に近いです。本当にラッキーでした。

ということで、海外での荷物の置き忘れには、本当に本当に注意が必要ですね。
以後、シンガポール滞在中、私がバッグをちゃんと持っているかどうか?を、たーさんが何十回も確認するはめに。まっ、結果オーライということで!

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

新しい住人 カワセミ

野鳥の世界 カワセミ

****************************************
あけましておめでとうございます。
本年も、懸命に生きる野鳥たちの姿を紹介できたら、と思います!
****************************************

かつては、「清流の宝石」と呼ばれたカワセミですが、近年は、少々環境が整っていなくても、わりと逞しく生き抜いているようです。今回は、新たな居場所を見つけたカワセミのお話です。

近所に小さな水場があり、通るたびに、「野鳥がいるかな?」とチェックをし続けて、早10年以上。ずっと、見つけることができなかったのですが、ついに、そこに住みついた野鳥を発見しました。

カワセミ26
誰かいそうで、誰もいなかった水場に住人登場!

カワセミです!くちばしの下側がオレンジ色なので、メスです。(オスは、くちばしの下側が黒色)

カワセミ27
2016年12月 埼玉県 カワセミ(メス)

カワセミは、水場の周辺を移動しながら、水面を見つめ、獲物を狙っていました。

カワセミ28
獲物を探すカワセミ

カワセミがいるということは、この水場には、小魚でもいるのかな?と思いきや、カワセミが捕えたのは・・・エビ!でした。

カワセミ29
エビGet!

その後も、カワセミはハンティングを続け、エビを捕まえていました。

カワセミ30
「エビはどこかな?」

後日、「あのカワセミはいるだろうか?」と、その後もチェックを続けていると、同じカワセミの姿を何度か見かけました。

この水場はとても小さいため、決して環境がよいわけではないのですが、このカワセミは、そこの新たな住人として、居座ることにしたようです(一時的かもしれませんし、冬季限定かもしれませんが)。

カワセミ31
「しばらく、ここに居ようっと!」

長年、チェックし続けた場所に住みついてくれてありがとう、カワセミさん。今後も、できるだけ長く、元気な姿を見せてくださいね、チュ!

<余談>
カワセミが獲物を狙っている時、じっとしているので、どこにいるのか見つけるのが難しいです。この写真の中にカワセミがいます。さて、ど~こだ?

カワセミ32
この中にカワセミが

答えは、右奥の石造りのコンクリートの上!です。

この場所を通りかかった時、たまたまカワセミが鳴いてくれたので、気づくことができました。視覚だけでは、到底探せなかったと思います。あの美しい羽色でさえも、ぱっと見は、見落としがちなのですねー。

カワセミの関連記事:
「分不相応 カワセミ」はこちら
「絶大なるカワセミ効果? カワセミ」はこちら
「飛ぶ宝石 カワセミ」はこちら
「リアル宝石 カワセミ」はこちら

<カワセミを脅かすもの>
水辺の消失・水質悪化:生息場所がなくなります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

美形カップル カワアイサ

野鳥の世界 カワアイサ

カモ類では珍しく、メスも美しいカワアイサという鳥さんがいます。夏季は北海道、冬季は九州以北で観察することができるようです。
今回は、このカワアイサのお話です。

カワアイサの繁殖地はユーラシア大陸中北部・北アメリカ北部で、越冬地はヨーロッパ・中央アジア・中国東部・北アメリカ中部などです。日本の越冬場所として、北日本では海水域に多く、西日本では淡水域に渡来することが多いそうです。

カワアイサの体長は約65cmで、潜水して主に魚を捕えます。埼玉の自宅近くでは、時々、湖でカワアイサの姿を見かけます。

通常、カモ類のメスは、とっても地味だし、ずんぐりしているので、カワアイサのメスを初めて見たときは、その美しさに驚かされました。とてもスレンダーな体型で、羽色は茶とグレーのシックな色合い、くちばしはシュッと細長くピンク色、頭に冠羽まであります。

カワアイサ1
2016年2月 埼玉県とある湖 美しいカワアイサのメス

同じカモ類でも、カワアイサのメスとマガモのメスとを比べてみると・・・モデルさんと一般人ぐらい違って見えるカモ?

カワアイサ2
2016年3月 埼玉県とある湖
カワアイサのメス(後2羽)、マガモのメス(前)

カワアイサ3
モデルさんみたいなカワアイサ(メス)

カワアイサのオスはというと、やはりスレンダーな体型で、頭部が光沢のある緑色、くちばしはメスと同じくシュッとしたピンク色で、これまた、なかなかの美男子です。

カワアイサ4
オスもスレンダーな体型

カワアイサ5
頭部の光沢が美しいカワアイサ(オス)

越冬中に、めでたくカップルとなったカワアイサが、仲良く寄り添っている姿を見せてくれることもあります。

カワアイサ6
美形カップル!(左:オス、右:メス)

カワアイサ7
仲良く休憩中(左:メス、右:オス)

湖にプカプカ浮かぶ多くのカモたちの中に、一際目立つカワアイサを見つけた時は、本当に嬉しくなりますが、このカワアイサたちは、渡り途中に立ち寄っただけなので、すぐに旅立ってしまいます。

ほんの一時ですが、姿を見せてくれてありがとう。また、次の年も、その美しい姿を見せてくださいね、カワアイサさんたち!チュ!

<余談>
カワアイサたちは、時々、岸辺にいることもあるようなのですが、あーちゃんが観察した時は、いつも遠くにいました。風が強かったり、曇っていたり、雨が降っていたりと、カワアイサを観察した時の天候は、決して恵まれたものではなかったのですが、それでも、会えたこと自体、とても貴重な体験でした。

<カワアイサを脅かすもの>
湖沼・河川・港湾の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ゴシキドリ 台湾の美鳥

野鳥の世界 ゴシキドリ

5色のカラフルな羽色を持つ、ゴシキドリという鳥さんがいます。今回は、台湾の固有種であり、インコみたいな愛嬌たっぷりのゴシキドリの紹介です。

台湾の野鳥で、ぜひとも、会ってみたいと願っていたのが、ヤマムスメとゴシキドリでした。「ここにいるかなー?」と思いながら、台北植物園 (Taipei Botanical Garden)へ行ってみると・・・入口付近で野鳥が飛び交っています。その中に、ゴシキドリを発見!いきなりの登場です!

ゴシキドリ1
2016年1月 台北植物園 ゴシキドリ

台北植物園の入口周辺には、何羽ものゴシキドリがいて、あちらこちらと飛び回っていました。

ゴシキドリ2
まるでインコみたい! ゴシキドリ

ゴシキドリの正面顔も、とってもカラフル!

ゴシキドリ3
愛嬌のある正面顔

ゴシキドリは、名前の通り、5色の色合いがはっきりしています。
台湾野鳥図鑑:陸鳥編(台灣野鳥圖鑑:陸鳥篇)によると、「額と喉は金黄色、眉線は藍黒色、眼先は紅色、頬と頸は藍色、胸には紅斑があり、背面と胸以下は翠緑色」というような内容が書かれていました。日本の5色でいうと、黄色、黒色、赤色、青色、緑色でしょうかね。

ゴシキドリ4
5色が鮮やか!

ゴシキドリを観察している時は、まだ台湾野鳥図鑑を持っていなかったため、「何の仲間だろう?」と思っていたのですが、この動作が決定打となりました。木を突っつき始めたのです!

ゴシキドリ5
木を突っつくゴシキドリ

ということは、ゴシキドリは、キツツキの仲間?

ゴシキドリ6
熱心にコンコン

後で、調べてみると、ゴシキドリ(五色鳥、学名:Megalaima nuchalis、英名:Taiwan Barbet)は、やはりキツツキの仲間の野鳥ということが分かりました。体長は約21cm、雄雌同色、主食は果実などで、昆虫も食べるようです。

この日は、よく姿を見せてくれたゴシキドリ。木の幹を突っついていたゴシキドリは、しばらくの間、同じ場所で大サービスしてくれました。

ゴシキドリ7
大サービスのゴシキドリ

翌日、ザーザー降りの雨の中、再び、台北植物園に行ってみると・・・あれれ?ゴシキドリが1羽もいない!昨日は、あんなにいたのに・・・。もしかして、ゴシキドリは、雨が苦手?

雨でも、一向に気にせず姿を見せてくれた野鳥が何種類かいたのですが、ゴシキドリは、相当雨を気にする鳥さんだった?ようです。

ゴシキドリ8
雨が苦手?なゴシキドリ。この姿は昨日で見納め

つくづく、昨日、ゴシキドリに会えていてよかった!と実感。

観ていて楽しくなるようなカラフルな色合いのゴシキドリ。姿を見せてくれてありがとう、お元気で!チュ!

<余談>
地図を見ると、日本の八重山諸島と台湾とは、非常に近い距離にありますが、ゴシキドリは台湾にしか生息していません。
棲む場所により、こんなにカラフルなキツツキが出来上がるとは、改めて、「固有種って、非常に興味深い生き物だなぁ」と、つくづく思いました。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ