ヒグマと近距離遭遇! あーちゃん危うし! 第1話

夏の北海道で、早朝探鳥に出かけた際、何とヒグマと遭遇してしまいました!しかも、約7メールという近距離で!

今回は、このおっかなビックリのヒグマのお話を2回に分けて、紹介します。

旅先での夏の探鳥は、早朝がベスト!なので、普通、5時過ぎには、目的地へ到着するようにしています。早ければ早いほど、一番乗りのケースが多く、たくさんの野鳥と出会えるのですが、その分、危険も多いです。
沖縄での探鳥時は毒蛇のハブ、北海道での探鳥時はヒグマと、何が出没するかわからない!というのも、かなりスリリングでドキドキします。

2010年の夏は、昨年に続き、北海道の知床をメインに探鳥することにしました。知床と言えば、ヒグマの高密度生息域。ヒグマ対策は欠かせません!と言っても、クマ除けにクマ鈴を持ち歩くだけなのですが・・・。

知床到着2日目の早朝、探鳥地や散策スポットとして有名なフレペの滝に向かいました。そこは、観光客が多く訪れる場所なので、さすがにヒグマは出没しないだろう、と高をくくりつつも、注意箇所だけは、クマ鈴をチリンチリンと鳴らしながら進んで行きました。

この日も一番乗りで、先客はおらず、多くの野鳥たちと出会い、楽しい時間を過ごすことができました。
午前6時過ぎとなり、そろそろ他の観光客が現れる時間帯なので帰ることにし、帰り道も、念のため、クマ鈴を鳴らしながら進むことにしました。

あと100メートルほどで遊歩道の出口、という所まで来た時に、ザワザワと木の枝が揺れる音がしました。「カラスかな?」と思い、音のする方を見ると、枝がユッサユッサと動いています。そのまま通り過ぎようとした瞬間、ザワザワという音がさらに大きくなったので、「ん?カラスが動く音にしては、やけに大きいなー、何だろう?」と、その木を注視すると、黒っぽい物体が目に入ってきました。
「あれは・・・カラスじゃーない・・・何か大きくて黒いものがモゾモゾ動いている・・・もしや・・・ヒグマ・・・?」と、自分の目を疑いつつも、ヒグマの部位がところどころ見えたので、ヒグマと断定!

「こんなに近距離で、木に登っているヒグマに出会えるとは!」と、急いで数枚だけ写真を撮らせてもらいました。(この間、約3分ぐらい)

ヒグマ1
2010年7月 北海道知床 木に登っていくヒグマ。

ヒグマ2
どんどん上に登るヒグマ。

ヒグマ6
ヒグマの鼻がチラリ。

知床世界自然遺産登録5周年記念日に、幸か不幸か、姿を披露してくれたヒグマさん!この後の展開は、いかに?

「ヒグマと近距離遭遇! あーちゃん危うし! 第2話」へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ