こだわり屋のツワモノハンター モズ

野鳥の世界 モズ

小さな猛禽と呼ばれる、モズという鳥さんがいます。鋭いくちばしを持ち、自分より大きな野鳥も捕食する、なかなかのツワモノです。日本では、南西諸島以外の地域で、周年観察できるようです。

今回は、このモズのお話です。

モズは、高い木の上、電線、電柱などに、1羽で同じ場所に止まっていることが多いです。そして、かなりの頭でっかちで、尾をゆっくり回しながら、獲物を狙っているので、遠目からでも、すぐにモズだとわかります。

モズは、捕えた獲物を、突起物にブッ刺す「はやにえ」という、動作が有名です。食べずにそのまま放置するケースも多いようですが、なぜ、このような行動をとるのか、理由はよくわかっていないそうです。ただ、ただ、残酷なような気もしますが、何か特別に意味があるのでしょうか?(ストレス発散?)

モズ1
2009年5月 埼玉県とある農耕地 モズ(オス)鋭いくちばしです。

秋から春にかけては、森付近の開けた場所や、農耕地などで、モズの姿をみかけます。秋になると、「キチキチキチ~」と、縄張り宣言(秋の高鳴き)をおこない、勝者は、冬の間、ずっと同じ場所にいるので、頻繁に姿を観るようになります。

モズ2
2010年1月 埼玉県 北本自然観察公園 モズ(オス)
羽色が、なかなかきれいですが、ちょっと目つきが悪いですね。

モズ3
2010年3月 渡良瀬遊水地 モズ(オス)
もう薄暗い夕方なのに、まだ縄張りを見張っています。

モズは、オスもメスも、それぞれ縄張り宣言をします。以前、自宅前の電線に止まり、「キチキチキチ~」と鳴いているモズのメスを見かけ、とても驚いたことがあります。てっきり、「オスしか鳴かないもんだ!」と思い込んでいたので・・・。
ですので、メスも冬の間は、同じ場所で出会う、常連さんとなります。

モズ4
2009年12月 埼玉県とある里山 モズ(メス)

春になると、縄張り解除となり、オスとメスは、つがいになります。が、縄張りが隣同士だったオスとメスは、つがいにならないそうです。昨日までのライバルが、今日から夫婦!というのは、いくら野鳥の世界といえども、難しいようです・・・。結構、こだわる(根に持つ?)タイプのようです。

子育て中と思われるモズ(オス)に出会いました。木の前で見張りをしていたので、この中に巣があるようです。

モズ5
2010年6月 埼玉県とある農耕地 モズ(オス)「嫁は、遠くから迎えただよ!」(何弁?)

子育てが終わり、夏~秋になるまでの間、モズの姿を、めっきり見かけなくなります。夏の間、モズは、平地から山地へ移動することもあるそうなので、そろそろ姿を消す頃でしょうか。

秋にまた、元気な「キチキチキチ~」を聴かせてください、こだわり屋のモズさん!チュ!

<余談>
モズは、他の野鳥の鳴き真似がとても上手で、さえずりが複雑なことから、百舌(モズ)と呼ばれているそうです。残念ながら、まだ数パターンしか聴いたことがないので、本当に百種類ぐらいあるのか、機会があれば調べてみたいです!

モズの関連記事:
「イージーハンティング モズ」はこちら
「自慢の縄張り シマアカモズ」はこちら

<モズを脅かすもの>
森林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ