南の旅先案内人 リュウキュウツバメ

野鳥の世界 リュウキュウツバメ

小ぢんまりとした体にオレンジ色がキュートな、リュウキュウツバメという鳥さんがいます。ツバメの中でも、生息域が限られているため、数が少ないそうですが、奄美大島以南の南西諸島で周年観察することができます。

今回は、このリュウキュウツバメのお話です。

普通のツバメの顔と喉は赤っぽいですが、リュウキュウツバメの色味は、南国っぽくオレンジ色で、より明るい感じがします。体長は約13cmと小さめです。

リュウキュウツバメ4
2009年11月 沖縄県本島北部 顔と胸がオレンジ色でキュートなリュウキュウツバメ

沖縄では、年中、リュウキュウツバメの姿を観ることができ、農耕地で出会う常連さんとなっています。

リュウキュウツバメ5
2009年5月 沖縄県本島北部 農耕地の常連さん、リュウキュウツバメ

初冬のある日、リュウキュウツバメが電線にズラリと止まっていました。10羽ぐらいいたでしょうか。子育てが終了している時期にもかかわらず、仲間と一緒にいるとは、きっと仲がよいのでしょう。

リュウキュウツバメ6
2009年11月 沖縄県本島北部 仲よしのリュウキュウツバメ

春になると、たくさんの幼鳥たちの姿を観ることができます。

沖縄本島中部に瓦屋根仕様の大きな宿泊施設があり、そこはリュウキュウツバメたちのコロニーのようで、一斉に巣立ちを迎えた幼鳥たちが、集団で飛行訓練をしていました。あちらこちらで賑やかに飛び回る姿は、まるでこの世の楽園のようで、「こんなに楽しそうな野鳥の世界もあるんだなー」と嬉しくなりました。

八重山諸島では、リュウキュウツバメの生息数がとても少ないそうですが、西表島で電線に止まっている幼鳥を発見しました!まだまだ幼く羽がポワポワしていて、なんだか危なっかしいですね。

リュウキュウツバメ7
2010年5月 沖縄県西表島北部 リュウキュウツバメの幼鳥たち

リュウキュウツバメ8
「頑張って生きまちゅ!」 うん、頑張って!

南国のリュウキュウツバメさん、旅先でいつもお出迎えしてくれてありがとう!また、お会いしましょう!チュ!

<余談>
リュウキュウツバメは小さいので、飛び回っている間は、なかなか識別ができません。電線などに止まっている時に、喉がオレンジかどうか?を観て、ようやく「リュウキュウツバメ!」と分かります。
それにしても、幼鳥たちの姿は、本当に愛嬌がありますね。生き残れるのは、ほんの一握りでしょうが、何とか生き抜いてもらいたいものです!

<リュウキュウツバメを脅かすもの>
農耕地、河川、水田:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ