負けるな、サムライ! セグロセキレイ

野鳥の世界 セグロセキレイ

ハクセキレイによく似た、セグロセキレイという鳥さんがいます。日本の固有種と言われており、日本とその周辺だけにしか生息しない貴重な野鳥で、南西諸島以外の地域では周年観察することができるようです。

今回は、このセグロセキレイのお話です。

セグロセキレイは、水辺の環境に依存して生息しており、都市化への適応力はあまりないようで、ハクセキレイの勢力に押され気味だそうです。生息域が重なる場所では、セグロセキレイの生息数が減ってきているとも言われています。

ハクセキレイが陽気なラテン系なら、セグロセキレイは落ち着きのある日本のサムライといった感じでしょうか。時代の波とともに、サムライが姿を消していくような・・・。日本の固有種として、このサムライには、ぜひとも頑張って生き抜いてもらいたいものです。

ぱっと見は、ハクセキレイかセグロセキレイか?の見分けがつきにくいのですが、セグロセキレイの目の上の線(眉斑)が白色なので、そこを観れば、区別できます。(ハクセキレイの過眼線は黒色)

セグロセキレイ1
2009年11月 埼玉県とある川辺 セグロセキレイ

セグロセキレイ2
2009年11月 埼玉県とある湖畔 セグロセキレイ

セグロセキレイは、年間を通して縄張り意識が強いそうで、他のセキレイたちと争うようです。日本のサムライとして、他のセキレイに負けずに生き抜いてくださいね、セグロセキレイさん!チュ!

<余談>
日本の固有種の野鳥は、ちょっとした環境の変化が原因で、生息域が狭められ、数が減ってしまうという問題が起きています。日本の環境でしか生息できない彼らの脅威となるものは、環境破壊や生き残りをかけた他種との勢力争いのようです。

普段よく出会うセグロセキレイの姿を観れなくなる日が来る、というのは、現時点では想像することはできませんが、可能性はゼロではないのですね。ある程度の数まで減ってしまうと、種として存続することができず、あっという間に絶滅してしまうそうです。日本の環境でしか生息できない固有種の生息場所を保全する、ということは、とても重要ですね。

何年経っても都会生活に適応できないあーちゃんも、どちらかというと、セグロセキレイ系ですね、ってことは・・・サムライ?(一応女性ですが・・・)

<セグロセキレイを脅かすもの>
河川・湖沼の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ