大声選手権優勝候補 コジュケイ

野鳥の世界 コジュケイ

初夏になると、オスは、里山などの藪の中で、「ちょっと来い!ちょっと来い!」と威勢よく鳴く、コジュケイという鳥さんがいます。キジの仲間の野鳥で、ウズラよりは大きく、色彩も少し派手です。埼玉では、周年観察することができます。元々、中国や台湾原産の野鳥ですが、狩猟用に日本に持ち込まれ、その後、寒い地域を除く日本各地に広まった外来種だそうです。

今回は、日本でたくましく生きるコジュケイのお話です。

コジュケイのオスの鳴き声は、笑えるぐらい大きいです。爆音と言ってもいいぐらいです。最初に「ちょっと来い!ちょっと来い!」の鳴き声を聴いた時は、あまりの威勢のよさに圧倒されてしまいました。野鳥の大声選手権なるものがあったら、優勝候補間違いなし!です。この冗談のような鳴き声も、お嫁さんを探すためのオスの立派なさえずりなのですね。

コジュケイは、雑木林や街中などの小さな林にも生息しており、大声のさえずりのおかげで、「あっ!コジュケイがいる!」とすぐにその存在はわかるのですが、警戒心が強いようで、なかなか姿を見せてもらうことができません。

山道を走り去る2羽のコジュケイや、「いた!」と思ったらすぐさま飛び立ってしまった3羽のコジュケイとの出会いはありましたが、写真を撮らせてはもらえず・・・。

ある冬の日の午後、雑木林をブラブラ散歩していると、少し開けた草むらがあり、何かがモゾモゾと動いています。よ~く観ると、コジュケイが4羽もおり、採餌中でした。立ち止まって観ていると、すぐに藪の方へ歩き出したので、「ちょっと待って!」と、急いで写真を撮らせてもらいました。

コジュケイ1
2010年1月 埼玉県とある里山 2羽で採餌中のコジュケイ

コジュケイは、色彩が鮮やかで、尾が短いです。

コジュケイ2
採餌中のコジュケイ

頭が小さく体が大きめの、ちょっとずんぐり体形ですね。

コジュケイ3
「あっ!見つかっちゃった!」とこちらを警戒するコジュケイ

コジュケイ4
藪の方へ歩き始めました。もうちょっと待って!

コジュケイ5
この後、4羽とも藪の中へ入ってしまいました。

用心深いコジュケイさん、姿を見せてくれてありがとう!狩猟をする人間には見つからないよう、くれぐれも注意してくださいね!チュ!

<余談>
現在でも、コジュケイは狩猟の対象だそうです。楽しみのために、害のない生き物を撃つ人間とは一体・・・?

多くの生物の命を奪うのが人間なら、「あーちゃんは命を救う人間になろう!」と、余計な殺生はしないよう、心がけるようにしています。部屋の中に入り込んだ虫たちは、可能な限り外へ逃がし、路上で干からびそうになっているミミズを見かけたら、日陰の土の上へ移動するようにしています。

こんな救出劇もありました。ある夏の日の夜、人が大勢歩く歩道の上を、セミのさなぎがヨタヨタ歩いており、羽化するための木を探していました。ところがそこは街中。適当な木が近くにはありません。「何年もかけて、せっかく地上へ出て来て、これから立派なセミになるというところで、人に踏まれて命を落としては大変!」と思い、登りやすそうな木の幹までセミのさなぎを運んだこともありました。

普通の女性なら、「きゃー、気持ち悪い!」と思うのかもしれませんが、生態系は全てつながっているので、小さな命でも無駄にすることはできません。ミミズやセミを餌にして生きる生物もいるのですから。小さな命であっても、とっても大事!なのです。

でも、ゴッキーさんだけは、どうしても苦手です・・・ごめんなさい!

コジュケイの関連記事「光の中へこんにちは! コジュケイ」はこちら

<コジュケイを脅かすもの>
里山、藪の減少:生息場所がなくなります。
狩猟:放鳥、狩猟が繰り返されているようです。何故・・・?
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

コジュケイ 渋くてずんぐりとかわいらしい鳥ですね
こんな愛嬌のある鳥さんが狩猟の対象だなんて
あーちゃんさんに全く同感です!
生態系は全て繋がっているのです!
人間は神ではないのですから 自然を崩すなんて
もっての他なのにね なぜわからないのでしょう(TДT●)
必要以上の殺傷は止めねば いつか天罰がくだります!

でも私もゴッキーちゃんとゲジゲジさんは どうも・・・(笑)

ポンさんへ

日本には、狩猟対象の野鳥や、害鳥として駆除されてしまう野鳥がいるので、本当に酷いことだと思います。
人間も生態系に組み込まれている生物の一種なので、ひどい事を続けていると必ずしっぺ返しがきます。
人間は、他の生物をもっともっと大事にすべきですね。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ