北海道探鳥旅行記 2009年7月 第2話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2009年7月 2日目の続き

午前7時頃までには、霧がすっかり晴れて、よい天気となりました!

知床の秘境とも言われる、羅臼湖へ行ってみることにしました。雪解け水でドロドロ状態とのことで、長靴を履いて、いざ探検へ出発!

羅臼湖 午前9時30分~午後2時頃。

羅臼湖に行くには、まず、バスで約30分ほどかけて羅臼湖入口まで行きます。

バスで羅臼湖入口へ到着する寸前、数十メートル先の山の尾根にヒグマがいました!早速ヒグマを観れるとは!ヒグマは、黒い岩の塊みたいでした。(バスは止まらないので、写真は撮れず。たーさんは、居眠り中だったので、ヒグマを観れず

羅臼湖入口から羅臼湖までは、片道約1時間半ほど歩きます。ここからは、自分の身は、自分で守る必要があります。ヒグマに遭遇しないよう、クマよけの鈴をチリンチリン鳴らしながら進んで行きます。

途中、たくさんの野鳥のさえずりが聴こえてきます。アオジ、ビンズイ、コルリが、それぞれ木のてっぺんでさえずっていました。

アオジ4
アオジ

ビンズイ5
ビンズイ

コルリ1
コルリ

途中、ツツドリの「ポポッー、ポポッー」という声が響いています。双眼鏡で探してみると、いました!非常に遠いのですが、何とか写真を撮ることができました。

ツツドリ1
ツツドリ

まだ、夏のシーズンの少し前なので、道が整備されておらず、それはそれは、道なき道のようなところをドロドロになりながら歩きました。泥水の深いところでは、膝までジャボンと浸かってしまいます!

悪路ではありますが、羅臼湖までの景色は、本当に絶景でした!羅臼湖へ到着するまでに、5つの池を通過するのですが、各池とも、それぞれに風情があり、素晴らしい景色でした。

羅臼湖1
雪が残っています。

羅臼湖2
3つ目の池には、羅臼岳が映ります。少し雲が出ていますが。

ようやく、羅臼湖へ到着!遠くに水鳥が何羽かいるのですが、遠すぎて識別不可・・・。

羅臼湖3
知床の秘境と呼ばれる羅臼湖

帰りも、同じ道を戻ります。

この日は、天候に恵まれ、気温は20℃ぐらいまで上がりました。帰りのバスの中で、ガイドさんとお客さんとの会話が聞こえてきて、「こんなによい天気になったのは、大変めずらしく、この夏、ガイドを初めてから、今日で2回目なんですよ!とてもラッキーでしたね!」と言われていました。
つまり、あーちゃん達は、「晴れた羅臼湖を散策できて、大変ラッキーだった!」のです。

羅臼岳1
バスの中から眺める羅臼岳 いつかは登ってみたいです!

次は、海鳥散策へ出かけることにし、知床観光船に乗ることにしました。

知床観光船 オーロラ2号から探鳥 午後4時30分~5時30分頃。

観光船のデッキは、強烈な寒さでした!あーちゃんは寒がりなので、たくさん着込んで、たーさんのウインドブレーカーまで奪って羽織っているのに、乗組員の方達は半袖でした・・・。さすが北海道の方達、寒さに強いなーと感心!

船からは、オオセグロカモメ、ウミウ、ウミネコのコロニーが見え、上空をアマツバメが飛び交っています。断崖絶壁の岩穴には、イワツバメもたくさん飛んでいました。

オーロラ号1
オオセグロカモメやウミウがたくさん観えます。

ウミネコ1
ウミネコもたくさん飛んでいます。

知床の海には、ケイマフリ(絶滅危惧種)という海鳥がいて、揺れる船の上から、何とか写真を撮ることができました。ケイマフリは、繁殖地の減少により、生息数が大幅に減っているそうです。

ケイマフリ1
ケイマフリ(夏羽)

非常に遠くの崖にヒグマがいて、双眼鏡でその姿を観ることができました!(遠すぎて写真は撮れず・・・)

観光船から眺める知床の風景は、本当に圧巻でした!人を寄せつけない大自然の全貌は、海からしかその姿を眺めることができません。

オーロラ号2
人を寄せつけない知床の大自然

クルーズ終了後、船着き場に到着すると、オオセグロカモメがで~んと佇んでいました。

オオセグロカモメ3
オオセグロカモメ くちばしの下の赤いポチっが気になります!何故ここだけ赤?

船から降りる際、オロンコ岩にキタキツネがいるのを目撃しました!オロンコ岩は、オオセグロカモメのコロニーなので、キタキツネはヒナや卵を捕食しているのでしょう。

オロンコ岩1
オロンコ岩 面白い名前です。

宿泊施設周辺 午後6時30分頃。

ヒヨドリ、カワラヒワ、スズメがたくさんいました。

カワラヒワ1
カワラヒワ

この日の探鳥は、これにて終了です。とても長~い1日でした!

北海道探鳥旅行記 2009年7月 第3話へ続く

北海道探鳥旅行記 2009年7月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ