FC2ブログ

世界遺産に生息する野鳥 in フランス

フランスのパリは世界遺産だらけ!で多くの観光客が訪れるのですが、そんな場所にも、野鳥が生息しています。今回は、パリ市内の世界遺産(とその周辺)で見かけた野鳥たちを紹介します。

まずは、印象派の画家たちの傑作がズラリと展示されている、かの有名なオルセー美術館で見かけた野鳥は・・・。

フランス1
2019年5月 フランス パリ
セーヌ川沿いにあるオルセー美術館

オルセー美術館の入口付近には、入場開始時間になるのを待っている大勢の観光客がいます。そのすぐ近くにいたのは、マガモ!です。何とも、アンバランスな光景です。

マガモ11
オルセー美術館入口付近 マガモ(左:メス、右:オス)

マガモがこんな所で何をしているのかな?と見ていると・・・一人の男性がマガモに近づいていき、何かをあげていました。よ~く観ると、マガモは、パンを食べています。マガモは、パンを待っていたのですねぇ。

マガモ12
美味しそうにパンを食べるマガモ

画家クロード・モネの巨大な睡蓮の絵が展示されているオランジュリー美術館では、イエスズメたちが営巣をしていました。

イエスズメ9
オランジュリー美術館で営巣中のイエスズメ(オス)

チュイルリー庭園で見かけたのは、モリバト。モリバトは、カワラバトより少し大きめのハトです。

モリバト1
チュイルリー庭園 モリバト

チュイルリー庭園では、ハシボソガラスの姿も見かけました。

ハシボソガラス1
チュイルリー庭園 ハシボソガラス

パリの中心部にあるシテ島にも行ってみました。今年の4月に火災に見舞われたノートルダム大聖堂が見えています。

フランス2
中央(奥)の建造物がノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂の周囲への立ち入りは禁止となっていたのですが、近くまでは行くことができました。左側にクレーンが見えています。

フランス3
ノートルダム大聖堂

美しいシテ島の景色を眺めながら歩いていると・・・

フランス4
美しいシテ島の景色

セーヌ川の水面に白い点々が見えてきました。

フランス5
水面に白い点々が

この点々は、野鳥の群れでした。

セグロカモメ3
野鳥の群れ

ズームしてみると・・・セグロカモメ(ニシヨーロッパセグロカモメ?)のようです。

セグロカモメ4
セグロカモメ(中央:成鳥、両端:若鳥)

楽しそうにしているセグロカモメたちがいる場所の近くには、あの悲劇の王妃マリー・アントワネットが投獄されていたコンシェルジュリーがあります。

セグロカモメ5
セグロカモメの群れとコンシェルジュリー

人間界のゴタゴタなど、露知らず、自由を謳歌するセグロカモメたち!

セグロカモメ6
鳥の方が気楽でいい!?

観光の合間のわずかな時間ですが、野鳥たちの姿を観察することができました。

今後も、人とうまく共存して生き抜いてくださいね、パリの鳥さんたち!チュ!

<余談>
今回の旅の目的は、ズバリ「芸術を巡る旅!」でした。パリ市内には、巨匠たちの素晴らしい絵画が山ほどあるのですが、観たいものは、ほぼ全て鑑賞してきました。あれも観たい、これも観たいと欲張っていると、1日20km以上は軽く歩いたような気がします。
それにしても、フランス語って本当に難しいですね。ツアーではなく、自力で行ってきたのですが、メルシーかボンジュールと言っておけば、何とかなりました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ