FC2ブログ

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第5話

金門島での探鳥の続きです。レンタサイクルYouBike(ユーバイク)に乗って、進んで行くと・・・カラムクドリを発見!

カラムクドリ8
カラムクドリ

カラムクドリは2羽いたので、つがいのようです。

カラムクドリ9
カラムクドリ

道路は緩やかなアップダウンが延々と続き、炎天下の中、自転車で進み続けるのは、かなりきついです。昼食を兼ねて少し休憩することに。

休憩場所の近くで、シキチョウとツバメを目撃。

シキチョウ10
シキチョウ(メス)


短い休憩後、再び、自転車で出発。どんどん進んで行くと、貯水池が見えてきました。

カルガモの幼鳥がいます。

カルガモ24
カルガモ(幼鳥)

水際に数十羽の野鳥の姿が。

アオアシシギ12
野鳥の群れ

この野鳥たちは、アオアシシギでした。

アオアシシギ13
アオアシシギ

アオアシシギの近くには、コサギとイエガラスが。イエガラスは、水中から大きな魚を引き上げようとしています。

イエガラス2
コサギ(左)、イエガラス(右)

さらに、進んで行き、北東部の辺りでチュウシャクシギを発見。

チュウシャクシギ15
チュウシャクシギ

目の前をヒメヤマセミが横切ったのですが、写真は撮れず。このエリアの野鳥たちは、非常に警戒心が強く、自転車で通ると逃げまくっていました・・・。

金門島では、ハッカチョウとベニバトを、あちらこちらで見かけました。

hakkachou6.jpg
ハッカチョウ

ハッカチョウ7
ハッカチョウ

ベニバト7
ベニバト(左:メス、右:オス)

ベニバト8
ベニバト(オス)

そろそろ空港に向かって、引き返さなければいけない時間です。けれども、もう体力の限界だったため、YouBikeを返却して、タクシーで空港に向かおう!という話になりました。昼食をとった辺りにYouBikeを返却できる場所があったので、そこまで戻って、いざ返却しようとすると・・・機械の故障で返却できず。が~ん!仕方がないので、ヨレヨレの状態で、再び、自転車で数十キロ先の空港を目指すことに。

意を決して、ひたすら、自転車で走り続けます。ノンストップで進んだおかげで、少し時間に余裕ができたため、木陰で、ちょっと休憩することにしました。

道路脇の林で、モゾモゾと動いている野鳥を発見。コイカルです!

コイカル1
コイカル(メス)

近くに、貯水池があるので、ついでに行ってみることに。この貯水池は、ひっそりと静まり返った場所にありました。

台湾6
ひっそりとした場所にある貯水池

誰かいるかな?と探してみると・・・家禽のバリケン、日本でもおなじみのイソシギダイサギの姿が見えます。

バリケン1
バリケン

イソシギ23
イソシギ

ダイサギ26
ダイサギ

貯水池の奥の方まで行ってみると・・・何と、目の前をヤツガシラが横切りました。そして、すぐに戻って来て、貯水池内の草地に降り立ちました。よ~く観てみると・・・いました!

ヤツガシラ2
ヤツガシラ

ヤツガシラは、金門島で、最も観察したかった野鳥です。最後の最後に、ついに出会うことができました。途中で、YouBikeを返却できなかったのには、ちゃ~んと意味があったのですね。

ヤツガシラ4
ヤツガシラ

ヤツガシラがいた草地は、こんな風景です。ヤツガシラが飛び立ってくれなかったら、絶対に見つけられませんでした。

台湾24
ヤツガシラのいた場所

ヤツガシラの詳細記事「ミラクル大逆転 ヤツガシラ in 台湾(金門島)」はこちら

ヤツガシラを観察できて、すっかり元気を取り戻した、あーちゃん達は、ここから猛ダッシュで空港へ戻ります。道に迷いながらも、無事、空港へ到着。17時40分発の飛行機に乗って、台湾へ帰ります。

台湾25
金門島の空港にて

今回、自転車で走ったルートは、金門島の東側だったのですが、時間的にも体力的にも、これが限界でした。

台湾27
自転車で走ったルート(ブルーの線)
ここをクリックすると拡大します


金門島で自転車に乗って探鳥した感想ですが、暑い、きつい、野鳥がビビッて逃げる、でした。ちなみに、金門島では、あーちゃん達以外は、誰も自転車に乗っていませんでした(笑)
いつか、また金門島を訪れる機会があったら、今度は、ぜひ、車で探鳥したい!です。

次は、台湾の烏來(ウーライ)という温泉地の山で観察した野鳥たちの紹介です。会いたかった台湾固有種の鳥さんたちが登場します!
次回へ続く!

<余談>
さて、前回の記事の最後に、このようなクイズを載せていました。日焼け防止を重視して暑さに耐えた、あーちゃんと、日焼けを覚悟で涼しさを重視した、たーさんは、どちらが正しかったでしょうか?答えは、あーちゃんが正解!でした。金門島の陽射しは想像以上に強烈で、たーさんは、顔、腕、足など露出していた皮膚が、やけどを負ったみたいに真っ赤になってしまいました。

台湾28
日焼けで真っ赤!になった、たーさんの腕

真っ赤が次第に黒くなり、数日経つと、皮膚がポロポロと剥がれ始め、白黒のまだら模様となった、たーさんの顔は、まさに悲劇でした(笑)
金門島では日焼けに注意しましょう!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ