FC2ブログ

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第2話

台北植物園での探鳥の続きです。

池の周辺を、よ~く観ると、休憩中の野鳥たちがいます。

台湾13
池の周辺にも野鳥が

水辺に、コサギゴイサギがいます。

コサギ24
コサギ

ゴイサギ32
ゴイサギ(幼鳥)

遠くにズグロミゾゴイを発見。水辺のほとりに佇んでいます。このズグロミゾゴイは、人を全く警戒せず、超至近距離で観察させてもらえる鳥さんです。けれども、今回の出会いは、この遠くの姿のみでした。ズームしてパシャリ。

ズグロミゾゴイ19
ズグロミゾゴイ

樹木が生い茂る場所でも、多くの野鳥を見かけました。

台湾14
台北植物園の風景

赤いくちばしが目立つ、クロヒヨドリを発見。

クロヒヨドリ2
クロヒヨドリ

遠くにカササギが見えます。

カササギ6
カササギ

スズメメジロの姿も。

スズメ123
スズメは人の近くに出没

メジロ25
メジロ

人懐っこく愛嬌のあるシロガシラ。ペアでいる姿を、よく見かけました。

シロガシラ5
シロガシラ

シキチョウは、オス、メスとも、姿を見せてくれました。

シキチョウ8
シキチョウ(オス)

シキチョウ9
シキチョウ(メス)

とてもカラフルなキツツキの仲間、ゴシキドリ(台湾固有種)も姿を見せてくれました。前回、冬にゴシキドリを観察させてもらった時は、木の幹に止まって、じっとしていることもあったのですが、今回は、動いてばかりで、写真を撮らせてもらうのが大変でした。

ゴシキドリ9
ゴシキドリ

ゴシキドリ10
食事中のゴシキドリ

滞在期間中、台北植物園を4回訪れてみました。季節が違えば、現れる野鳥も同じではなく、前回、観察できたヤマムスメ(台湾固有種)やタイワンオナガ(台湾固有亜種)は、いませんでした。子育てのためか、彼らは別の場所へ移動してしまったようです。さて、この後、どこかで会えるかな?

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第3話へ続く

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ