鳥類界の代表 カラス 第1話

野鳥の世界 カラス

昔から、「鳥は頭がよくない」と多くの人間に思われていたようですが、人間のライバルになりつつある、大変素晴らしい頭脳の持ち主の野鳥が身近にいます。そう、大きくて黒い、あのカラスです。

今回は、鳥類界で最も進化した野鳥の代表、カラスのお話です。

カラスは、イルカやチンパンジーに次ぐ頭脳を持っていると言われ、あの大きな体のおかげで、一部の猛禽類以外に、天敵と呼べるものがほとんどいません。そのため、カラスによるゴミあさり問題などが勃発し、生息数を大幅に増やす結果となってしまいました。

カラス1
2009年5月 北海道小樽市 ハシボソガラス

カラス2
2010年5月 沖縄県西表島 オサハシブトガラス

なぜ、人間は、早期にカラス対策ができなかったのでしょうか?理由は、「カラス=鳥=さほど賢くない」と思われていたため、対策が遅れてしまったのでしょう。
ここは、カラスではなく、猿が自由自在に空を飛んでいて、好き勝手をしている、と考えた方がよさそうです。
あーちゃん宅の庭にやってくる、カラスの例を紹介します。

夏場は、野鳥が水を飲んだり、水浴びをしたりするバードバスだけを庭に設置しているのですが、この水を目当てにカラスがやってきます。水を飲む、という以外に、こんな利用方法がありました。

ある日の夜、バードバスの水を入れ替えようとすると、周囲に何か散らばっています。よ~く観ると、15cmほどの大きな魚の骨です・・・。なんで、こんなところに?そして、水の中は油だらけ・・・。しばらく考え、犯人は「カラス」だと気付きました。

カラス6
2010年5月 渡良瀬遊水地 ハシボソガラス

カラスは、食べ物をあちらこちらへ貯蔵する習性があり、何十カ所もの隠し場所があると言われています(貯食行動)。あーちゃん宅の庭に持ち込まれた魚も、おそらく貯蔵されていた食べ物の一つで、食べようと思った時には、すでにカピカピの状態だったと思われます。そこで、水に浸し、柔らかくして食べやすくするため、あーちゃん宅のバードバスを利用したようです・・・。
「カラスさん、せめて、魚の骨だけは持ち帰ってください。暗闇の中で観る、魚の骨は、かなり不気味ですので・・・」

この事件以来、バードバスの水に油やら、食べカスやらが浮いているたびに、「あー、また今日も利用したんだなー」とせっせと掃除に励む日々が続いています・・・。

「鳥類界の代表 カラス 第2話」へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

へー すごいすごい
食べ物をやわらかくするのに水を利用ですか

カラスは嫌われ者っぽいですが
私は結構好きです
ハシボソさんの方が好きかな
でも鳴き声はハシブトさんのほうが趣がありますね
ツヤッツヤの羽根の美しさも見とれるほどです
次回も楽しみです

ポンさんへ

こんばんわ!
カラスは、頭が良すぎて、想像をはるかに超えたことも、平気でやってのけるので、人間からは嫌われてしまうのでしょうね。
怪我をしたカラスを保護して、しばらく飼育すると、大変よく懐くそうです。お利口なので、自分に害をなす人間かそうでないか?は、瞬時に判断できるのでしょう。
いつの日か、カラスと人間が仲良く共存できる世の中になればいいですね。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ