FC2ブログ

世界遺産に生息する野鳥 in イタリア

前回のエジプト編に続き、今回も、世界遺産に生息する野鳥の紹介です。

クイズです。このカモメがいるのは、どこでしょう?

キアシセグロカモメ1
この野鳥が止まっているのは・・・

答えは、ここ↓です。

イタリア1
コロッセオ!

この野鳥の名前はキアシセグロカモメです。世界遺産のコロッセオの上に止まっていたのでした。

イタリア2
2018年1月 イタリア ローマ
キアシセグロカモメがいたのは、コロッセオの上!

この風景の中にも、キアシセグロカモメがいます。

イタリア3
この風景の中にもキアシセグロカモメが

イタリア4
ここです

ズームしてみると・・・ズキンガラスがキアシセグロカモメにちょっかいを出していました。

キアシセグロカモメ2
キアシセグロカモメにちょっかいを出すズキンガラス(右)

キアシセグロカモメ3
キアシセグロカモメを怒らせ、追い払われてしまったズキンガラス(右)

そして、コロッセオには、カワラバトの姿も。

カワラバト3
カワラバト

お次は、世界遺産のサンタンジェロ城です。大勢の観光客で賑わっているのですが、この風景の中にも野鳥がいます。どこでしょう?

イタリア5
この風景の中にも野鳥がいます

答えは、ここ↓です。

イタリア6
サンタンジェロ橋の天使像の上に野鳥が!

左の天使像をズームしてみると・・・カワラバトが。

カワラバト4
カワラバト

右の天使像をズームしてみると・・・かわいらしい野鳥が。イタリアスズメのメスです。

イタリアスズメ1
イタリアスズメ(メス)

ちなみに、イタリアスズメのオスは、こんな色合いです。

イタリアスズメ2
イタリアスズメ(オス)

ローマは遺跡だらけで観光客が非常に多いのですが、野鳥たちは慣れているせいか、人が近くを通っても平然としていました。

ローマ市内には、クロウタドリやホシムクドリもいました。ホシムクドリは沖縄本島で見かけたことがあり、クロウタドリは西表島で観察したことがあるのですが、随分前の事なので、久しぶりの再会です。

ホシムクドリ1
ホシムクドリ(前)、クロウタドリ(後)

そして、インコたちも見かけました。彼らは群れで行動するため、とっても賑やかでした。

ホンセイインコ2
ホンセイインコ

オキナインコ1
オキナインコ

ローマでは、「強化合宿!」と、たーさんが豪語するほど、ぎっしりのスケジュールで、野鳥観察の時間は、ほんのわずかしかとれなかったのですが、野鳥と人との共生関係を垣間見ることができたのは、貴重な体験でした。

<余談>
異常繁殖?と思われるほど見かける頻度が高かったのは、キアシセグロカモメ、ホシムクドリ、ホンセイインコ、オキナインコでした。これだけ数が多ければ、日本だと駆除されているかも?と思うほどでしたが、ローマでは大丈夫なんですね。ローマの人々は野鳥には寛容なのかもしれません!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ