FC2ブログ

香港探鳥旅行記 2017年5月 第9話

野鳥の世界 香港探鳥旅行記 2017年5月

香港の農耕地には、どんな野鳥が生息しているのでしょうか?最後の探鳥地、ロングバレー(Long Valley)に行ってみます。

■ロングバレー(Long Valley)

ロングバレーに行くには、MRT上水(Sheung Shui)駅で下車します。

香港44
上水駅

駅のタクシー乗り場で、運転手さんにロングバレーの漢字を見せて、場所を知っているかどうか?を尋ねてみることにしました。

香港45
ロングバレーの漢字を運転手さんに見せます

1台目の運転手さんからは場所が分からないと言われたのですが、2台目の運転手さんが分かるとのことだったので、そのタクシーに乗り込み、現地に向かいました。

到着したとのことで、タクシーを降りたのですが、案内板らしきものは見当たらず・・・。ここは本当にロングバレー?

柵の向こう側に農耕地が広がっているので、多分、あの辺りがロングバレーだろう、ということで、進んでみることに。

香港46
柵の向こう側がロングバレーのようです

柵の向こう側に行ってみると、だだっ広い水田や湿地が見えます。日陰がなく、かなり暑いのですが、適当にブラブラ歩いてみます。

香港47
水田の風景

香港48
湿地の風景

水田のほとりにタニシを発見。タニシを見るのは久しぶりです。このエリア一帯は農薬をあまり使っていないのかも。ということは、野鳥も多い?期待できそうです!

香港49
タニシ

水田の畔にアカガシラサギを発見。

アカガシラサギ11
アカガシラサギ(夏羽)

湿地でも、数羽のアカガシラサギを見かけました。

アカガシラサギ14
アカガシラサギ(夏羽)

アカガシラサギの詳細記事「美しいアカガシラサギがいっぱい! in 香港」はこちら

湿地には、コサギチュウサギダイサギもいました。

コサギ23
コサギ

チュウサギ25
チュウサギ

ダイサギ25
ダイサギ

シロハラクイナは、親子で登場。シロハラクイナの親子を観察できたのは、西表島で出会って以来です。

シロハラクイナ24
シロハラクイナ(左:子、右:親)

イタチが現れ、シロハラクイナの親子の周囲をウロついていたため、ちょっとハラハラしたのですが、親子は茂みに隠れたようで大丈夫そうでした。

湿地に生えている草に紛れ、1羽のタカブシギが食べ物を探していました。タカブシギは日本では絶滅危惧種に指定されています。

タカブシギ11
タカブシギ(夏羽に換羽中)

別の場所でも、同じタカブシギを見かけました。今度は、水の中に入っています。

タカブシギ12
タカブシギ

小さな池にセイタカシギを発見。7羽います。セイタカシギも、日本では絶滅危惧種に指定されています。

セイタカシギ33
セイタカシギ

セイタカシギ34
セイタカシギ(オス)

セイタカシギ35
セイタカシギ(オス)

ロングバレーでの探鳥は、まだまだ続きます。次は、いよいよ最終回です。
香港探鳥旅行記 2017年5月 第10話へ続く

<余談>
ロングバレーには、行こうかどうしようか?と迷っていたのですが、タイポカウで出会った現地のバードウォッチャーが、「ロングバレーは探鳥地としてはオススメ」とのことだったので、行ってみることに決めました。
結果、ここでしか会えなかった野鳥もいたので、来てよかったです!

香港探鳥旅行記 2017年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ