近所にお立ち寄り サシバ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 サシバ

夏季、日本で子育てを終えたサシバたちは、秋になると南の越冬地を目指して旅を開始します。当然、その中には、今年生まれの幼鳥たちも混じっています。今回は、南下初チャレンジのサシバの幼鳥を近所で見かけたので、その紹介です。

とある日の夕方、いつもの散歩コースを歩いていると、右手の樹木に大きな野鳥が止まっているのを発見。

サシバ29
2017年9月 埼玉県 この野鳥は・・・?

急いで確認してみると・・・何と、サシバの幼鳥です!

サシバ30
サシバ(幼鳥)

近所にサシバが出没するとは、驚きです。旅の途中で、この場所に立ち寄ったのですねぇ。ようこそ、いらっしゃいました!

サシバの幼鳥は、のどに黒い縦線(腮線)があり、白くて大きい眉斑が目立ちます。

サシバ31
のどに黒い縦線

サシバ32
眉斑は太い

しばらくの間、サシバは左右をキョロキョロと見渡していました。

サシバ33
左を向いて

サシバ34
前を向いて

サシバ35
右を向いて

もう夕方なので、寝床でも探しているのでしょうか。
約10分ほど観察させてもらった後、サシバは林の方へと姿を消しました。

サシバ36
この直後に飛び立ったサシバ

この数日後、台風が襲来したのですが、このサシバの幼鳥は、きっと元気に旅を続けているはず。無事、越冬地にたどり着き、来年、成鳥になった姿で、また、この場所に立ち寄ってくださいね、サシバの幼鳥さん!チュ!

<余談>
数年前、近所で、サシバらしき野鳥が飛翔する姿を発見し、急いで写真を撮ろうとカメラを構えた矢先、「何を撮っているんですかー」と、おじちゃんに話しかけられ、何の野鳥か識別できなかったことがありました(泣)

それ以来、もしかすると、サシバが立ち寄っているのかも?疑惑が、ずっとついて回っていたのですが、今回、サシバの幼鳥を発見できたことにより、おそらく、毎年、近所にはサシバが立ち寄っていた!という確信が持てました。サシバは絶滅危惧種に指定されているため、観察できる機会は非常に少ないので、これは本当に嬉しい発見でした。今後も、長~く見守っていけたら!と思います。

サシバの関連記事:
「夏の田園も大好きさ! サシバ(絶滅危惧種)」はこちら
「カラスとの壮絶バトル サシバ(絶滅危惧種)」はこちら
「青空がお似合い サシバ(絶滅危惧種)」はこちら

<サシバを脅かすもの>
農耕地・水田の減少:狩り場が減少しているようです。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ