FC2ブログ

シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 第7話

野鳥の世界 シンガポール探鳥旅行記 2017年1月

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)での探鳥の続きです。

シンガポール30
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの風景

シンガポール31
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの風景

ウォーターリリーポンド(Water Lilly Pond)付近にも、たくさんの野鳥がいました。まずは、メグロヒヨドリの登場です。

メグロヒヨドリ2
メグロヒヨドリ

木の実と格闘するメグロヒヨドリがいて、全く逃げようとしません。

メグロヒヨドリ3
メグロヒヨドリ

小さなキツツキを発見。マレーコゲラです。

マレーコゲラ1
マレーコゲラ

日本でもおなじみのカワセミが。

カワセミ33
カワセミ(メス)

木陰で休憩中のリュウキュウガモがいます。この時は、全く動かず。

リュウキュウガモ1
リュウキュウガモ

後で、同じ場所をチェックしてみると、リュウキュウガモは水際へ移動していました。

リュウキュウガモ2
リュウキュウガモ

日本の南西諸島にも生息しているシロハラクイナも姿を見せてくれました。
シロハラクイナ22
シロハラクイナ(若鳥)

レストランには、ジャワハッカやスズメが。観光客の食べこぼしを狙っています。

ジャワハッカ6
ジャワハッカ

スズメ114
スズメ

遊歩道脇を小さなチョウショウバトがトコトコと歩いています。

チョウショウバト2
チョウショウバト

シンガポール滞在中、その鳴き声の大きさに驚かされた鳥がここにも。オニカッコウです。

オニカッコウ4
オニカッコウ(オス)

オニカッコウ5
オニカッコウ(オス)

きれいな色合いのコアオバトもいました。

コアオバト3
コアオバト

夕方、アオショウビンの鳴き声が聴こえてきました。声のする辺りを探してみたのですが見当たりません。しばらくすると、鳴き声が止んだので、どこかへ飛び去ってしまったようです。

シンガポール32
アオショウビンの鳴き声が響いていたエリア

そろそろ時間切れなので、出口に向かうことに。タカサゴクロサギがいた水辺付近で、青色の物体がサッと動くのが見えました。何?と思い探してみると・・・アオショウビンです!この場所へ移動していたのですね。最後の最後に、アオショウビンとご対面!

アオショウビン8
アオショウビン

アオショウビンの詳細記事「アオショウビン in シンガポール」はこちら

これにてシンガポールでの探鳥終了です。日本では見ることのできない野鳥や、渡り途中や越冬中の野鳥など、非常に多くの鳥さんが姿を見せてくれました。観察させてくれたシンガポールの野鳥たち、ありがとう!チュ!

<余談>
飛行機の行きも帰りも深夜便で、行きは後ろの座席の人が寝ぼけて私のシートを何度も蹴とばすので、機内では、ほとんど眠れませんでした。滞在中は、猛烈に暑い中、朝早くから日が暮れるまで、フルに動きました。どこにそんな体力があった?と思うほど、ハードな旅だったのですが、こんな無理な旅もいずれ出来なくなるので、今のうちに行っておいて本当によかったです!

シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

須藤さんへ

コメントをありがとうございます。
お知らせいただいたメールアドレス宛に返信しましたが、宛先不明で送信できませんでした。
メールアドレスのご確認をお願いします。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ