シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 第3話

野鳥の世界 シンガポール探鳥旅行記 2017年1月

今回は、スンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)で出会った野鳥たちの紹介です。
地下鉄に乗り、クランジ(Kranji)駅下車、目的地まではタクシーで向かいます。

■スンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)

現地には、午後に到着。猛烈に暑いです。スンゲイブロウ湿地保護区は、マングローブ林と湿地が広がる自然豊かな場所です。

シンガポール16
スンゲイブロウ湿地保護区の風景

いきなりオオトカゲが出没!

シンガポール17
オオトカゲ

川岸で休憩中のワニを発見!

シンガポール2
ワニ

「ワニ注意!」の看板まであります。

シンガポール3
ワニ注意!

なんか、すごい所にきちゃったなーと思いつつ、遊歩道に沿って進んで行きます。

シンガポール18
湿地の風景

湿地には、トビハゼが。

シンガポール19
トビハゼ

次第に、いろいろな野鳥が姿を見せ始めました。
日本でもおなじみのダイサギコサギがいます。

ダイサギ21
ダイサギ

コサギ21
コサギ

そして、日本の南西諸島にも生息しているシロハラクイナも。

シロハラクイナ21
シロハラクイナ

渡り鳥のシギ類の姿も見えます。アオアシシギアカアシシギの群れです。

アオアシシギ9
アオアシシギ(冬羽)

アカアシシギ10
アカアシシギ(冬羽)

アカアシシギの足には、識別用のフラッグが付いています。

アカアシシギ11
アカアシシギの足にフラッグが(右)

フラッグを拡大すると

アカアシシギ12
フラッグを拡大

「SN」の文字が見えるので、このフラッグは、シンガポールで付けられたものです。スンゲイブロウ湿地保護区は、多くの渡り鳥にとっても、とても重要な場所なんですね。

スンゲイブロウ湿地保護区での探鳥は、まだまだ続きます。他には、どんな鳥さんがいるでしょうか?
シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 第4話へ続く

<余談>
スンゲイブロウ湿地保護区の入口付近には、観光客が少しいたのですが、奥に進むにつれ、ほとんど人を見かけなくなりました。暑すぎて、真昼間に散策をする物好きな観光客は、あまりいないってことでしょうか。そんな物好きのあーちゃん達でしたが、暑さで意識がもうろうとする中での探鳥は、かなりきつかったです。スンゲイブロウ湿地保護区での探鳥は、午前中がおススメかも。

シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ