シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 第2話

野鳥の世界 シンガポール探鳥旅行記 2017年1月

シンガポール植物園(Singapore Botanic Garden)での探鳥の続きです。

スワンレイク(Swan Lake)周辺でも、多くの野鳥が姿を見せてくれました。

シンガポール9
スワンレイク(Swan Lake)の風景

大きな木の葉に止まる野鳥がいます。

シンガポール11
大きな木の葉に野鳥が

美しい色合いのコアオバトです。とってもカラフル!

コアオバト1
コアオバト

この鳥さんは・・・キュウカンチョウです!あーちゃんが子供の頃、物まね上手な鳥さんとして人気があり、近所の家でも飼われていました。本来の生息地は、この辺りなんですね。

キュウカンチョウ1
キュウカンチョウ

ミドリカラスモドキとルリノドハチクイが遠くに見えます。

ミドリカラスモドキ2
ミドリカラスモドキ(メス)

ルリノドハチクイ1
ミドリカラスモドキ(左:メス、中央:オス)、ルリノドハチクイ(右:メス)

上空には猛禽類の姿が。ハチクマです。

ハチクマ1
ハチクマ(オス)

他にも、早朝、非常に多くの野鳥が上空を乱舞していたのですが、小さすぎて写真を撮れず。

カノコバトの姿も見えます。

カノコバト4
カノコバト

コブハクチョウもいますが、シンガポールでは、こちらも移入種です。

コブハクチョウ1
コブハクチョウ

植物園内のあちらこちらで見かける野鳥がいます。ジャワハッカとセキショクヤケイです。

ジャワハッカ4
ジャワハッカ

セキショクヤケイ1
セキショクヤケイ

熱帯の植物が生い茂る園内には、野鳥以外の生き物も目撃。

シンガポール12
植物園の風景

まずは、オオトカゲ!です。

シンガポール13
オオトカゲ

オオトカゲは、のんびりと日光浴をしたり、歩道のすぐ脇にいたりと、見慣れぬ光景に驚かされました。

シンガポール14
日光浴中のオオトカゲ

そして、かわいらしいリスの姿も。

シンガポール15
リス

よく響く、きれいな声で鳴ているのは、コウライウグイスです。強烈な色合いの鳥さんです。

コウライウグイス2
コウライウグイス

コウライウグイスの詳細記事「ウライウグイスコウライウグイス in シンガポール」はこちら

大きな声で鳴きながら、巨大な黒い影が頭上を横切りました。葉が茂った木に止まったため、姿がチラリチラリとしか見えません。ようやく見やすい木に移動してくれたその鳥は、キタカササギサイチョウでした!体長約65cm、頭部が大きく怪獣みたいに見えます。これぞ南国の鳥!といった感じです。

キタカササギサイチョウ1
キタカササギサイチョウ

シンガポールに生息するメジロは、ハイバラメジロというそうですが、撮れたのは葉の間から顔を覗かせた瞬間だけでした。

ハイバラメジロ1
ハイバラメジロ

そして、林にはフクロウらしき野鳥が。地元の人か旅行者か不明ですが、おばちゃんバードウォッチャーがいたので、「フクロウですか?」と尋ねてみると、「そうですよ」との返答が。この野鳥の名前は、マレーウオミミズクでした。羽角が垂れ下がっていて、かわいいです!

マレーウオミミズク1
マレーウオミミズク

虫のように小さな野鳥が。オナガサイホウチョウです!

オナガサイホウチョウ5
オナガサイホウチョウ

オナガサイホウチョウの詳細記事「サイホウチョウ in シンガポール」はこちら

他には、ナンヨウショウビンも見かけたのですが、草刈り機に驚いて飛び去り、写真は撮れず。
シンガポール植物園では、高い木の上の方にも野鳥がたくさんいたのですが、観察しづらかったため、思ったほど写真を撮れませんでした。

次は、スンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)で出会った野鳥たちの紹介です。
シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 第3話へ続く

<余談>
植物園での探鳥は、早朝おこなったのですが、朝といえども非常に暑く、わずか数時間で1日の体力をほぼ使い果たすという結果となりました。それでも、計3回、植物園での探鳥にチャレンジしました。

宿泊したホテルから植物園までは片道徒歩約30分、これだけですでに汗だくになり、園内で探鳥すること約1時間半、その間も汗は出続け、帰りの30分でもうヨレヨレでした。暑さに慣れていない体だと、体力の消耗も半端ないですねー。けれども、「せっかく来たのに休んでいてはもったいない!」と思い、その後も、ずっと動き続けたのでした。まだ若いって証拠?

シンガポール探鳥旅行記 2017年1月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ