天使の羽? カラムクドリ

野鳥の世界 カラムクドリ

日本では、数少ない旅鳥か冬鳥として、南西諸島や八重山諸島で観察される、カラムクドリという鳥さんがいます。繁殖地は中国南部で、唐のムクドリということで、カラムクドリ(唐椋鳥)と呼ばれているようです。

今回は、この珍しいカラムクドリと西表島で出会った際のお話です。

西表島到着初日の夕方、車でノロノロと走っていると、ムクドリに似た鳥が電線に止まっている姿が見えてきました。

雲行きが怪しい上、薄暗いので、双眼鏡で覗いても、何の鳥だか、すぐには識別できません。ムクドリとは羽色が違うのでコムクドリ?羽がポワッとしているので、幼鳥?とにかく写真を撮って、確認してみることに。

カラムクドリ1
2010年5月 沖縄県西表島 羽がポワポワ、天使の羽みたい。

カラムクドリ2
次も羽ポワの状態、あなたは誰?

どうやら、風で羽がなびいていたようで、風がおさままると、ようやく通常の姿に。「コムクドリでも幼鳥でもなく、確か、珍しいムクドリ!名前は・・・カラムクドリ!!!」

カラムクドリ3
この姿、色合いは・・・カラムクドリ(オス)!

カラムクドリ4
向きを変えて少し羽ポワのカラムクドリ(オス)

カラムクドリ5
再び風がおさまり、通常の姿のカラムクドリ(オス)

風が強く薄暗い中、羽をポワポワさせながら、電線に1羽だけ止まっている姿は、何とも力強い感じがしました。そろそろ中国へ渡る時期でしょうか?他の仲間はどこにいるのでしょう?

姿を見せてくれてありがとう、カラムクドリさん!旅の無事を願いつつ、お別れです!お元気で!チュ!

<余談>
カラムクドリは、ムクドリと同じく農耕地や電線に止まっている姿を目撃されることが多いそうです。

珍鳥と呼ばれる野鳥であっても、遠くから見ると、普段よく見かける野鳥に似ています。今回出会ったカラムクドリも、肉眼では、普通のムクドリにしか見えませんでした。独断で決めつけず、双眼鏡で確認するといったことを続けていると、思いがけない出会いがあったり、さらにそこから素晴らしい野鳥の世界が広がったりします。
双眼鏡とは、普通の光景を別世界のように見せてくれる不思議な道具ですね。双眼鏡を発明してくれた人に感謝!

<カラムクドリを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ