少数で越冬中 オジロトウネン

黄色く短い足でちょこまかと動き回るオジロトウネンという鳥さんがいます。シギの仲間の野鳥で、日本では主に秋の渡りの時期に観察することができるようです。本州中部以南では越冬もしますが、近年、その数は激減しているそうです。

今回は、このオジロトウネンのお話です。

とある日の午後、沼の周囲を散策中に、小さな野鳥2羽を発見。トウネンに似ていますが、足が黄色いです。ということは・・・オジロトウネン!

オジロトウネン1
2017年2月 埼玉県 とある沼 オジロトウネンが2羽

オジロトウネンの繁殖地はユーラシア大陸北部、越冬地はアフリカ・インド・東南アジアです。日本では、近年、越冬中のオジロトウネンに出会う機会はあまりないようなので、こんな所で出会うとは驚きです。

オジロトウネンの体長は約14cm、尾羽外側が白いことが名前の由来になっていますが、白い部分は飛翔時にしか見えないようです。

オジロトウネン2
足が黄色で尾羽外側が白いオジロトウネン(冬羽)

2羽のオジロトウネンは、水深の浅い岸辺近くで、せっせと食べ物を探していました。オジロトウネンの採餌方法は、くちばしを地表面につけながら、昆虫類や甲殻類を捕食します。

オジロトウネン3
獲物を探すオジロトウネン

オジロトウネン4
「食べ物はどこかな?」

と、せっかく岸辺付近で姿を見せてくれていたオジロトウネンですが、道路脇を勢いよく歩くおじさんに驚き、飛び去ってしまいました・・・。飛んで行った辺りを確認してみると、かろうじて、オジロトウネンたちの姿が見えます。

オジロトウネン5
遠くに飛び去ってしまったオジロトウネン

オジロトウネンが舞い降りた場所は水深が浅く、泥が見えています。そこでも、オジロトウネンたちは、採餌を始めました。

オジロトウネン6
食事再開!

この沼で越冬中のオジロトウネンたち。数少ない貴重な姿を見せてくれてありがとう!次の冬も、ぜひ日本で越冬してくださいね、チュ!

<余談>
「以前は普通に見られたけど近年ではまれ」といった野鳥があまりにも多いです。オジロトウネンもその1種です。
もし、タイムマシーンで過去に戻れるとしたら、野鳥がたくさんいた時代に戻ってみたいです。きっと、信じられないぐらい、生命力あふれる姿がそこにあるのでしょう。

オジロトウネンは淡水域の水深の浅い場所や湿泥地で採餌するため、開発などにより、そのような場所が、これ以上減らないことを願うばかりです。

<オジロトウネン脅かすもの>
水田・湿地・河川・湖沼の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ