ヒナの保育園 庭のキジバト 第1話

野鳥の世界 キジバト

季節に関係なく、あーちゃん宅の庭を頻繁に訪れるキジバト夫妻。そのキジバト夫妻に子供が誕生しました。今回は、庭を保育園のように利用し、約2週間、毎日通園するキジバトのヒナがいたので、その紹介です(全3話)。

とある暑い日の午後、窓の外を眺めると、キジバトのヒナがいます。庭でキジバトのヒナを見かけるのは初めてです。はて?

キジバト20
2016年8月 埼玉県自宅の庭 キジバトのヒナ(1日目)

このキジバトのヒナは、驚くほど庭に慣れている様子で、水入れの中に入って、くつろいだり、羽を広げて日光浴をしたりしています。

キジバト21
水入れにチャポン

キジバト22
羽をだら~んと脱力させて、日光浴中

まだ巣立ち直後のヒナのようですが、自由奔放な姿に、ただただ驚かされるばかり。

キジバト23
巣立ち直後と思われるキジバトのヒナ

その数時間後、キジバトの両親が庭にやって来ました。ははぁ、このヒナは、あのキジバト夫妻の子供だったのですね。

キジバト24
キジバトファミリー(中央:子供、左右:親)

このキジバト夫妻は庭の常連さんで、あーちゃんが植木の水遣りなどで近づいても、逃げないまでになっていました。
「あのキジバト夫妻が初めて子供を見せに来てくれたんだ。でも、すぐに子供をどこかへ連れて行ってしまうんだろうなー」と思っていました。その時は。

ところが、これは違っていました。キジバト夫妻は、あーちゃん宅の庭を保育園として利用することに決め、巣立ち直後のヒナに、「ここにいるように!」と、指令を出していたのでした。

後で気づいたのですが、下の写真のキジバト夫妻は、窓越しにあーちゃんの方を向いて、「子供をよろしくお願いします」と言っているように見えます。

キジバト25
「息子(娘)をよろしくお願いします」と言っている?
(中央:子供、左右:親)

親2羽と子供1羽の計3羽を揃って見たのは、これが最初で最後でした。
そして、キジバト夫妻は、庭に子供を残して、飛び去っていきました。

キジバト26
後に残されたキジバトの子供

あれま。あーちゃんは、キジバトのヒナの監視役に任命されてしまった?
キジバトのヒナ(以降、キーちゃん)は、「あーちゃんが庭に出没しても、逃げなくていい」と、親鳥から教えられていたようで、実際、あーちゃんが近くにいても、逃げることはありませんでした。

キジバト27
逃げないキーちゃん

拡大すると・・・

キジバト28
地面に臥せってじっとしています

ヒナの保育士?として、キジバト夫妻から認定されたからには、キーちゃんに危険がないか?をしっかりと見張らなくてはいけません。庭の周辺では、数匹のネコが常にウロウロしていますし。

庭に柵があるものの、キーちゃんが柵の外に出ていることもあり、その時は、庭に通じる扉を開けて、手で誘導しながら、「入って入って!」と言うと、キーちゃんはトコトコと歩いて庭に入っていきました。とっても素直なよい子です。

この後も、キーちゃんは、とても野鳥のヒナとは思えないような様々な姿を披露してくれたのでした。
「ヒナの保育園 庭のキジバト 第2話」へ続く

<余談>
野生のキジバトの親からヒナを任されてしまったというウソのようなホントの話。こんな機会は滅多にないので、ヒナの様子を観察させてもらうことにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ