仲間は大勢 ムナグロ

野鳥の世界 ムナグロ

夏季、北部のエリアで子育てをおこなった野鳥たちにとって、秋は、南の越冬地へ向けて移動する季節です。今回は、埼玉の田んぼで見かけたムナグロの群れのお話です。

秋、稲刈後の田んぼがあれば、「渡り途中の野鳥がいないかな~」と、ついつい車中(助手席)から探す癖がついており、今回は、遠くに白いサギ類の姿が目に入りました。「ダイサギチュウサギか?」を確認しようと双眼鏡でのぞいてみると・・・ダイサギのはるか後ろに茶色っぽい野鳥が佇んでいる姿が見えました。

ちょうど、信号待ちで車が停まっている状態だったので、急いで写真を撮ってみると・・・野鳥の群れのようです。

ムナグロ49
2016年9月 埼玉県 とある田んぼ 野鳥の群れ

車を停められる場所を探し、群れを観察してみると、田んぼの広範囲に野鳥が点在している様子が見えました。

ムナグロ50
ポツポツの黒っぽい点が野鳥 奥の畦にもたくさんいます

野鳥の数を数えてみると・・・約50羽!もいます。この野鳥の正体は、ムナグロ!でした。自宅周辺には広い田んぼがなく、埼玉では大きなムナグロの群れと出会う機会がなかったため、大感激です。

ムナグロたちは、非常に遠くにいるのですが、何とか写真をパシャリ。刈り取り後の稲の茎に隠れるようにして、ムナグロたちが佇んでいます。

ムナグロ51
稲刈りを終えた田んぼで佇むムナグロたち

ムナグロたちの羽色は、夏羽から冬羽へと移行中で、色味は様々でした。

ムナグロ52
黒っぽい夏羽が残っているムナグロ

ムナグロ53
黒褐色に変化つつあるムナグロ(前)

この日は、台風通過後で非常に暑く、口を開けているムナグロがたくさんいました。

ムナグロ54
暑さで口を開けているムナグロ(左、中央)

暑さと長旅の疲れのタブルパンチのせいか分かりませんが、ムナグロたちに動きはなく、ほぼ同じ場所でじっとしていました。体力温存に努めているのかも。

ムナグロ55
ほとんど動かないムナグロたち

今後、このムナグロの群れは、越冬地を目指し、さらに南下を続けることでしょう。

思いがけず、大勢で姿を見せてくれてありがとう。台風の発生が多くて大変ですが、無事、越冬地まで辿り着いてくださいね、ムナグロさんたち!チュ!

<余談>
地球温暖化が指摘され、自然災害が増えつつある昨今、渡りをおこなう野鳥たちにとっても、きっと試練の連続だと思います。
環境の悪化で生き物の数が減少すれば、間違いなく、人間にも、しっぺ返しがきますし、すでにその兆候は始まっているように思います。
渡り鳥たちは、いつまで、無事な姿を見せてくれるでしょうか。彼らの姿を見かけなくなる日がこないことを、願うばかりです。

ムナグロの関連記事:
「桜前線と共に北上中? ムナグロ」はこちら
「寝床はどこ? ムナグロ」はこちら
「人間大好き ムナグロ」はこちら
「ムナグロ中学校 ムナグロ」はこちら
「長旅名人 ムナグロ」はこちら

<ムナグロを脅かすもの>
水田・農耕地・草地・干潟の減少::生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ