台湾探鳥旅行記 2016年1月 第3話

野鳥の世界 台湾探鳥旅行記 2016年1月

野鳥が多く生息しているといわれている台北植物園へ行ってみることに。(滞在期間中、台北植物園には、晴れの日と雨の日の計2回、行ってみました)

台北植物園(Taipei Botanical Garden)

台北植物園では、多くのゴシキドリ(台湾固有種)が飛び交っていました。キツツキの仲間ですが、とってもカラフルな鳥さんです。

ゴシキドリ3
カラフルなゴシキドリ

ゴシキドリが姿を見せてくれたのは、晴れの日のみでした。

ゴシキドリ4
雨は苦手? ゴシキドリ

ゴシキドリの詳細記事「ゴシキドリ 台湾の美鳥」はこちら

そして、とっても美しい台湾の国鳥、ヤマムスメ(台湾固有種)も姿を現しました。体が大きい上、色彩がはっきりしているので、とても見応えのある鳥さんです。

ヤマムスメ1
尾が長いヤマムスメ

ヤマムスメは数羽で行動しており、雨の日も姿を見せてくれました。

ヤマムスメ6
雨の日も姿を見せてくれたヤマムスメ

ヤマムスメの詳細記事「ヤマムスメ 台湾の美鳥」はこちら

地元のバードウォッチャーが、「この野鳥を撮った方がいい!」と熱心に勧めてくれたのが、クロエリヒタキ(台湾固有亜種)でした。非常に動きが速く、撮れたのはこの1枚のみ。

クロエリヒタキ1
クロエリヒタキ(オス)

タイワンオナガ(台湾固有亜種)は園内での生息数が多いようで、数羽で動き回っている姿を頻繁に見かけました。日本のオナガは淡いブルーの羽色がきれいですが、タイワンオナガは、カケスの色味に似ています。

タイワンオナガ1
人家の柵に止まるタイワンオナガ

タイワンオナガ2
タイワンオナガ

台北植物園には池もあり、そこでも多くの野鳥が姿を見せてくれました。日本でもおなじみの野鳥たちです。

コサギ20
コサギ

カイツブリ29
カイツブリ(冬羽)

バン14
バン

ゴイサギ26
ゴイサギ

多くのバードウォッチャーが見つめる先には・・・カワセミがいました。カワセミは台湾でも人気があるのですね。

kawasemi24.jpg
台湾でも人気者のカワセミ(オス)

台北植物園では、まだまだ多くの野鳥が姿を見せてくれました。

台湾探鳥旅行記 2016年1月 第4話へ続く

<余談>
台北植物園では、ヤマムスメとゴシキドリの観察に夢中だったため、クロエリヒタキという野鳥の存在にはあまり注意を向けておらず、「何か、サンコウチョウみたいな動きをする鳥さんがいるなぁ」ぐらいの感覚でいました。

地元のバードウォッチャー達は、それはそれは親切で、言葉はあまり通じないものの、いろいろ教えてくれました。ちょっと離れた場所にいた、あーちゃんを「おいでおいで~」と手招きして、クロエリヒタキの存在を教えてくれました。まだ台湾の野鳥図鑑を入手していなかったため、クロエリヒタキの名前が分からず、何の野鳥かを尋ねたところ、「黒枕藍鶲」と漢字でメモ用紙に書いてくれました(筆記用具は常時携帯していました)。おかげで、後で調べてクロエリヒタキ!と判明。皆さんの様子からすると、クロエリヒタキは、とっても人気のある野鳥だったようで、つくづく観察できてよかった!と、感謝感謝でした。

台湾探鳥旅行記 2016年1月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ