台湾探鳥旅行記 2016年1月 第2話

野鳥の世界 台湾探鳥旅行記 2016年1月

次は、関渡自然公園からマングローブ林と干潟が見える場所へ行ってみました。少し距離が離れているため、移動途中も歩きながら探鳥していると・・・建物の屋上にインドハッカ(カバイロハッカ)を発見。目の縁の黄色が目立ちます。

インドハッカ1
インドハッカ(カバイロハッカ)

電線にカノコバト、草むらにはベニバトがいます。

カノコバト1
カノコバト

ベニバト3
ベニバト(メス)

池のほとりには、ゴイサギの姿が。

ゴイサギ25
ゴイサギ(幼鳥)

干潟に到着。2羽のバンがお出迎えです。

バン13
バン

遠くに、変わった姿の野鳥がいます。アフリカクロトキです。

アフリカクロトキ1
アフリカクロトキ

干潟で、シギ類・サギ類の野鳥が食べ物を探していました。

アオアシシギ8
アオアシシギ

イソシギ20
イソシギ

ダイサギ20
魚を捕えたダイサギ

アオサギ42
大物を捕えたアオサギ

コサギ19
コサギ

小さな野鳥が歩き回っています。よ~く見ると、ツメナガセキレイです。

ツメナガセキレイ14
ツメナガセキレイ(冬羽)

他には、タイワンシロガシラとカワセミの姿も。

タイワンシロガシラ14
タイワンシロガシラ

カワセミ23
カワセミ(メス)

マングローブ林には、カササギが。鮮やかなブルーの羽色がきれいです。カササギは、日本の一部の地域にも留鳥として生息しています。

カササギ1
カササギ

もう夕方なので、本日の探鳥はこれにて終了。あ~、よく歩きました。
明日は、多くの野鳥が観察できるといわれている台北植物園へ行ってみることに。

台湾探鳥旅行記 2016年1月 第3話へ続く

<余談>
台湾では、観光の合間に探鳥をしていたので、とにかくよく歩きました。1日20キロぐらいは歩いたと思います。街中の住居や空き地の樹木、池のほとりの木々なども見ながら歩き、どこにどんな野鳥がいるか?をチェックしてみました。
初めて見る野鳥も多く、「へぇ~、こんな野鳥がいるんだ!」と、ワクワクしながら観察させてもらいました。

台湾探鳥旅行記 2016年1月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ