台湾探鳥旅行記 2016年1月 第1話

野鳥の世界 台湾探鳥旅行記 2016年1月

日本と同じ島国の台湾には、独自に進化を遂げた固有種の野鳥がたくさんいます。今回は、3泊4日の観光の合間に出会った、台湾の野鳥達を紹介していきます。

1月上旬にもかかわらず、晴れの日は20~25度と暑く、雨の日でも18度ぐらいあり、滞在中、寒さを感じることはありませんでした。
まずは、越冬中の渡り鳥などがいるといわれている関渡自然公園に行ってみることに。

関渡自然公園(台北市)

台湾1
関渡自然公園

まず、驚かされたのは、ベニバトの群れ!です。1本の木に、50羽ほどのベニバトが止まっています。

ベニバト1
ベニバトの群れ

ベニバト2
ベニバト(左上:オス、右上:メス)

ムクドリぐらいの大きさの野鳥が数羽飛び交っています。ジャワハッカです。

ジャワハッカ1
ジャワハッカ

沖縄本島でも生息域を広げつつあるタイワンシロガシラ。こちらが本家本元です。

タイワンシロガシラ13
タイワンシロガシラ

牛の近くにアマサギが。牛が動くと虫が飛び出すので、アマサギはそれを狙っています。日本の西表島でも、よく見かけた光景です。国は違えど、アマサギの行動は同じ!ですね。

アマサギ31
牛とアマサギ(冬羽)

川岸の鉄線には、カラアカモズの姿が。

カラアカモズ1
カラアカモズ

他は、日本でもおなじみの野鳥たちです。

シロハラ14
シロハラ

キジバト19
キジバト

カイツブリ28
カイツブリ(冬羽)

ゴイサギ24
ゴイサギ

ハシビロガモ9
ハシビロガモ(手前:メス、中央:オス)

オナガガモ11
オナガガモ(後:エクリプス羽)とコガモ(手前)

次は、関渡自然公園の近くにマングローブ林と干潟があるので、そこへ行ってみることに。さて、誰がいるかな?

台湾探鳥旅行記 2016年1月 第2話へ続く

<余談>
台湾では観光メインの予定だったため、事前に、野鳥情報については、ほとんど調べていませんでした。しかし、いざ行ってみると、せっかくなんだから、台湾の野鳥たちにも少しは会いたい!という欲が出てきて、観光の合間に探鳥をすることに。なので、現地で「さて、どうする?どこ行く?」状態に陥りました。移動には、地下鉄を利用したのですが、乗り方にしても、「さて、どうする?」状態でした。
久しぶりに、普段使っていない脳を使った気がします
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ