ヒナへのビックリな給餌 庭のスズメ

野鳥の世界 スズメ

あーちゃん宅の庭に集まって越冬していたスズメたちは、春になると群れを解散し、子育てを始めます。その内の何羽かは、巣立ったヒナを連れて庭にやって来ます。今回は、ちょっと変わったスズメファミリーのお話を2回に分けて紹介します。

とある日の午後、スズメのヒナの声が庭の方から聴こえてきます。「今年もやって来た?」と思い、庭をチェックしてみると・・・いました!スズメの親子です。

スズメ96
2016年5月 埼玉県自宅の庭 スズメの親子

スズメのヒナは2羽いて、親鳥がせっせと食べ物を与えていました。

スズメ97
ヒナは2羽!

スズメ98
食べ物を与える親鳥(右)

親鳥に連れられて、窓際までヒナが近寄ってきます。超至近距離!

スズメ99
スズメのヒナ

親鳥は2羽いて、それぞれ食べ物をヒナに与えているのですが、1羽の親鳥は、とっても変わった食べ物を与えていました。くちばしにくわえている物をよ~く見てみると・・・食パンのかけらです。

スズメ100
食パンのかけらをくわえる親鳥

はて?あーちゃん宅の庭に、食パンは置いていません・・・。冬季も、時々、庭に食パンのかけらが落っこちているのを何度か目撃したことがあるのですが、未だにどこから調達してきたのか謎です。おそらく、ご近所のどこかに、食パンが置いてあるようですが・・・。

親鳥は、わざわざ、この食パンのかけらをあーちゃん宅の庭まで運び、ヒナに与えていました。

スズメ101
調達してきた食パンをヒナに与える親鳥

スズメ102
何度も食パンを運ぶ親鳥

スズメ103
「もっとちょうだい!」 食べ物を催促するヒナ(右)

食パンをせっせとヒナに与えるとは、本当に驚きです。庭木の虫だけだと、ヒナに与える量としては少ないのかもしれませんが、食パンを取りに何度も往復するのは大変なはず。どうせーなら、食パンのある場所までヒナを連れて行けばいいのに!と思ったのですが、それはそれで、危険が伴うのかもしれません。ネコやカラスがウロウロしていて、ヒナを狙っていますから。

食べ物をとるか、安全をとるか?で、親鳥は安全を重視したのでしょう。ここは大丈夫!と親鳥に認めてもらえたのは嬉しいけれども、食パンでは栄養が偏ってしまいそうで、ちょっと心配。
「ヒナの水浴び 庭のスズメ」へ続く

<余談>
巣立ちの時期になると、「今年も、親子で庭にやって来るかな~?」と、半信半疑で待っているのですが、無事、ヒナの姿を確認できると、とても嬉しく思います。「今年も、孫を連れてきてくれた!」と。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ