戻って来たイカルたち

野鳥の世界 イカル

大きな大きな黄色のくちばしを持つイカル。自宅周辺でイカルを観察できる時期は冬季なのですが、見かける機会は滅多にありません。今回は、約4年ぶりに姿を見せてくれたイカルたちのお話です。

とある冬の日の朝、木がまばらに生えた場所を散策していると、6羽の野鳥が地面で何かをついばんでいる姿が目に入りました。姿・形・大きさからすると、イカルっぽいのですが、そこでは、イカルを見かけたことがなかったため、「はて?」と思い、写真を撮って確かめることに。しかし、あっという間に、野鳥たちは飛び去ってしまいました・・・。

このエリア周辺で、イカルが、はっきりと姿を見せてくれたのは約4年前。「あの野鳥たちがイカルだとすると、次はいつ出会えるか分からないから、今、会っておかないと!」と思い、野鳥たちが飛んでいった方向へ移動し、しばらくの間、探してみました。

しかし、野鳥たちの姿はありません。ここで、ふと、「さきほど見かけた場所に野鳥たちが戻っているかも」と思いつき、元の場所に行ってみると・・・いました!やはり、イカルです!

イカル11
2015年2月 埼玉県 とある湖付近の林 イカル

イカルたちは、3羽だけ、戻って来ていました。

イカル12
戻って来た3羽のイカル

イカル13
お久しぶり!

イカルたちは、周囲の様子をうかがっているようでした。

イカル14
「大丈夫かな?」

イカル15
「大丈夫そう」

ということで、イカルたちは地面に舞い降り、食べ物を探し始めました。

イカル16
食べ物を探すイカル

イカルのくちばしは、本当に大きいです。

イカル71
大きなくちばし!

イカルの近くにはシメがいたのですが、今回は、ケンカせず、一緒に食べ物をついばんでいました。

イカル18
イカル(左)、シメ(右)

食事が終わると、イカルたちは、再び、木の枝に止まり、じっとしていました。

イカル19
再び、樹上で待機するイカル

この日は、冷たい風が吹き、非常に寒く、体はすっかり冷え切ってしまっていたのですが、「おそらく、このイカルたちには、もう出会えないはず」と思うと、その場を去りがたく、石のように、じっと身をひそめて、観察させてもらいました。

寒さに強い?イカルたちは、飛び去ることなく、同じ枝に止まっていたのですが、寒さに弱いあーちゃんは、限界に達したため、その場を離れることにしました。

数日後、何度か、その場所を訪れてみたのですが、イカルたちの姿を見かけることはありませんでした。やはり、一期一会でした。

久しぶりに、姿を見せてくれてありがとう。次は、いつ出会えるでしょうか?お元気で、イカルさんたち!チュ!

<余談>
このイカル観察が原因だと思うのですが、この後、風邪をひいてしまい、治るまでに約3週間かかりました。「多分、一期一会になるはずだから、寒さを我慢してでも、観察させてもらわないと!」と思ったのですが、ちっとばかし、無理をしすぎた?

イカルの関連記事「イルカに似た鳥 イカル」はこちら

<イカルを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ