三度目の越冬 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

この冬も、あーちゃん宅の庭に、冬鳥として飛来するツグミが現れました。今回は、バージョンアップ?して、より度胸が据わった様子を見せてくれたツグミの紹介です。

とある日の午後、窓越しに庭を眺めると・・・信じられない光景が。狭い庭に設置してある水場(バードバス)にツグミがいます・・・。

ツグミ20
2014年12月 自宅の庭 ツグミ

そして、このツグミは、水浴びを始めました。

ツグミ21
水浴び開始!

約5分経過。ツグミは、まだ水に入ったまま。

ツグミ22
約5分経過

そして、ツグミは、背をこちらに向けたまま、動かなくなりました。

ツグミ23
水場で停止するツグミ

結局、ツグミは約10分もの間、このポーズのままでした。
その後、ツグミは、庭の木に止まり、くつろいでいる様子でした。

ツグミ24
のんびり?している様子のツグミ

普通のツグミではあり得ない行動を目撃したことにより、このツグミは、ツーちゃんに違いない!と確信しました。
ツーちゃんとは、2年連続で、庭に姿を現したツグミです。あの狭い庭で、水浴びできるぐらい度胸が据わっているのは、ツーちゃん以外、考えられません。

そこで、前の冬に撮った写真と比較してみることにしました。

庭に設置してある止まり木で、同じようなポーズをとっています。

ツグミ25
よく似たポーズ(左:2014年12月、右:2014年2月)

喉や胸部の模様を比較してみると・・・ほぼ同じです。

ツグミ26
喉や胸部の模様がほぼ同じ(左:2014年12月、右:2014年2月)

次は、顔の模様や羽色を比較してみると・・・ほぼ同じです。

ツグミ27
顔の模様や羽色がほぼ同じ(左:2014年12月、右:2014年2月)

ということで、この冬、飛来したツグミは、やはりツーちゃんでした!
今回で、三度目の越冬となります。

ツグミの繁殖地はシベリア中部・南部ですので、越冬目的に日本へやって来るツグミは、海を渡らなければなりません。もちろん、ツーちゃんも、はるばる海を渡り、繁殖地と越冬地(あーちゃん宅の庭とその周辺)を行き来していることになります。
「よく、この場所へ戻って来られるなー」と改めて、感心。

この冬は、水浴び姿も見せてくれてありがとう。あーちゃん宅の庭は、ライバルが多くて大変ですが、頑張って越冬してくださいね、ツーちゃん!チュ!

<余談>
水浴びにやって来たツーちゃんは、その後、ヒヨドリたちとの熾烈な縄張り争いを繰り広げていました。縄張り争いに負けてしまったのか、ツーちゃんの姿をプッツリと見かけなくなり、「どこかへ行ってしまった?」と思ったのですが、2015年1月の早朝、まだ辺りが薄暗い中、庭にいるのを目撃しました。
きっと、今も、庭でライバルたちとうまく共存しているはず!

ツグミの関連記事:
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ