チドリ界のアイドル シロチドリ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 シロチドリ

生息数が大幅に減少し、絶滅が危惧されているシロチドリ。原因は、営巣地(砂浜や砂州)の環境悪化が考えられるようです。今回は、可愛すぎるシロチドリを見かけたので、その紹介です。

干潮時の干潟をトコトコトコッ~と猛スピードで走り抜ける小さな物体を発見。走っては停止、走っては停止を繰り返すため、停止時に急いで確認してみると・・・シロチドリです!

シロチドリ11
2014年11月 千葉県 三番瀬海浜公園付近の海岸 シロチドリ(冬羽)

このシロチドリは、食べ物を探している様子。何か見つけたようです。

シロチドリ12
「カニ見っけ!」

シロチドリ13
「いただき!」

このシロチドリを観察している最中、あることに気が付きました。「シロチドリって、こんなに可愛いかったっけ?」と。

チラッとカメラ目線。

シロチドリ14
なんか、かわいい

再び、カメラ目線。

シロチドリ15
すごく、かわいい!

シロチドリは、アイドルの素質十分ですね。いつの間にか、すっかりシロチドリの魅力に取りつかれ、シロチドリの動きを凝視し続けたのでした。

こんなに可愛いチドリ界のアイドル?が、姿を消してしまうかもしれないという現実は、あまりにも残念すぎるので、シロチドリの営巣地(砂浜や砂州)を、ぜひとも保全して欲しい!です。
ここで、シロチドリからのお願いです。

シロチドリ16
「営巣地を守ってね!」

はい、シロチドリさんからのお願い、ということで、我々人間も心して営巣地を監視しないといけませんね。頑張れ、チドリ界のアイドル!チュ!

<余談>
チドリ類は、かわいらしいけれども、小さくて色味が地味なため、人目につきにくく、いつの間にか、数を減らしているといった状況に陥っているようです。

夏季、砂浜や砂州を歩くときには、シロチドリが営巣していないか?卵がないか?などを注意して、むやみに営巣地に入らないようにする。そして、埋め立て工事等をできる限り回避し、これ以上、営巣地を減らさないよう、人間側が努力するしかないですね。

シロチドリの関連記事:
「気ままな独り身 シロチドリ(絶滅危惧種)」はこちら

チドリの関連記事:
「寒さにも負けず 越冬チドリ」はこちら

<シロチドリを脅かすもの>
砂浜・干潟・河川敷の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ