弱肉強食 オオタカ(準絶滅危惧種)

野鳥の世界 オオタカ

弱き者は肉と化し、強き者はそれを食らう。今回は、オオタカの食事シーンを目撃しましたので、その紹介です。

とある湖の岸辺で、オオタカがハンティングに成功しました。このオオタカは、水の中に獲物を沈め、その上に乗っかっています。

オオタカ3
2014年11月 埼玉県とある湖の岸辺 オオタカ

今回の獲物は・・・カラスです。カラスの尾だけが水面に見えています。

オオタカ4
獲物はカラス!

オオタカの背中の色味が暗青灰色の場合はオス、褐色の場合はメスです。このオオタカは、褐色っぽいので、メスだと思われます。

メスの方がオスより、やや大きいのですが、自分の体とほぼ同サイズの獲物を捕えるには、ハンティング能力が高くないとできません。しかも、相手は知能の高いカラスです。さすが、オオタカ!と言わざるをえません。

オオタカ5
威厳に満ちた表情のオオタカ(メス)

偶然にも、オオタカとの距離が約15メートルほどしかなかったため、警戒してか、オオタカは、なかなか獲物を食べようとはしませんでした。

オオタカ6
警戒中?のオオタカ

オオタカ7
こちらをぐっと睨みつけている?

あーちゃんが、このシーンを目撃したのは、夕方の4時前。日暮れが迫っているので、さっさと食べてしまわないといけません。
ということで、ついに、オオタカがカラスを食べ始めました。

オオタカ8
カラスを食べ始めるオオタカ

いったん、食べ始めると、ものすごい勢いで、次から次へと肉をついばんでいます。

オオタカ9
鋭いくちばしで、次々と肉をちぎっては食べるオオタカ

オオタカの食事シーンを観ていると、弱肉強食の現実を、まざまざと見せつけられた気がしました。さっきまで、このカラスは生きていたのに、今はただの肉と化してしまった・・・と。

けれども、強者のはずのオオタカにも、獲物を横取りされるといった困難が待ち受けます。横取りする泥棒は、ノスリ・キツネ・タヌキなどです。
オオタカでさえも、自然界で生きていくというのは、本当に大変なことなのですね。

観察できる機会が少ない食事シーンを見せてくれてありがとう。獲物を横取りされないよう、気をつけてくださいね、オオタカさん!チュ!

<余談>
カラスについては、興味深いエピソードがあります。以前、こんな光景を目撃しました。
オオタカがカラスを捕え、食べ始めると、仲間のカラスが周囲に集まってきました。カラスは、仲間が大変な目にあっていると、助けたりすることもあるそうなので、「心配して様子を見に来たのかな?」と思いきや・・・実は、オオタカの食べ残しを狙っていたのでした。
つまり、カラスにとっては、「昨日の友は、今日の飯!」になるのです。
カラスは掃除屋とも言われますが、この変わり身の早さ!には、ただただ驚かされるばかりでした。

オオタカの関連記事:
「超至近距離!3m先のオオタカ(準絶滅危惧種)」はこちら
「貫禄満点 オオタカ(準絶滅危惧種)」はこちら

<オオタカを脅かすもの>
里山(雑木林)の減少:生息地が少なくなっているようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ