秋の隠れ家 ノゴマ

野鳥の世界 ノゴマ

秋、越冬のため、南へ渡るノゴマ。今回は、渡り途中に埼玉で姿を見せてくれたノゴマのお話です。

夏季は、主に北海道の草原など見晴らしのよい場所で、元気にさえずるノゴマのオスですが、春・秋の渡り途中では、藪の中に隠れていることが多いため、なかなか観察できる機会がありません。

ここ数年、秋になると、近所の草むらに渡り途中のノゴマが立ち寄っているのは知っていたのですが、姿を見かけることはありませんでした。
今度こそ!と何度か草むらに足を運び、この秋、ついにノゴマのオスが姿を見せてくれました!

ノゴマ8
2014年10月 埼玉県 とある草むら ノゴマ(オス)

ノゴマは夏も冬も羽色に変化がないため、オスの赤色模様が健在なのを観ると、「これぞ、ノゴマ!」と嬉しくなります。

ノゴマ11
喉の赤い模様はノゴマ(オス)の目印!

このノゴマのオスは非常に用心深く、頻繁に低木の茂みに入り込んでいました。

ノゴマ9
秋の隠れ家は低木の茂みの中!

食べ物を探して、茂みの近くを行ったり来たりと、ピョンピョン歩き回っています。

ノゴマ10
「食べ物はどこかな?」

この渡り途中のノゴマは、同じ場所に数日間滞在しており、4日後に再会できました!

ノゴマ12
また会えたね!この後、どこまで行くのかな?

それ以降は、このノゴマを見かけることはなかったので、すぐに旅立ってしまったようです。越冬地は東南アジアですが、一部のノゴマは南西諸島でも越冬するそうです。さて、このノゴマは、どこで越冬するのでしょうか。

ほんのひとときですが、秋に姿を見せてくれてありがとう。無事、越冬地までたどり着いてくださいね、ノゴマさん!チュ!

<余談>
ウォーキング途中、ノゴマが立ち寄る草むらを、何度チェックしたことか・・・。何十回、何百回?それでも、姿を見せてもらうことは、本当に難しかったです。
この秋、あの赤い模様を近所で目にした時、「本当にノゴマがいる!」と感激しました。今後も、渡り途中に立ち寄ってもらえるよう、温かく見守っていきたいと思います。

ノゴマの関連記事:
「近所のスター再登場 ノゴマ」はこちら
「近所のスター ノゴマ」はこちら
「小さくても元気いっぱい ノゴマ」はこちら

<ノゴマを脅かすもの>
草原・灌木林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ