ヒナの保護 ムクドリ 第4話

野鳥の世界 ムクドリ

「ヒナの保護 ムクドリ 第3話」の続きです。

■8日目

天候は晴れ、最高気温は29℃。本日より数日間は、安定した天候とのこと。いよいよ、ムーちゃん旅立ちの日がやってきました。

ムクドリ40
ついに旅立ちの日!

早朝より、ムーちゃん旅立ちの準備を始めます。まず、餌をたくさん食べさせること。朝5時にミールワーム(150匹)を与えます。ミミズは前日分が残っていたので、それを食べさせました。

ムクドリ41
最終日もよく食べるムーちゃん

次に、ムーちゃんの健康状態をチェックします。

ムクドリ42
顔つきは元気そう

ムクドリ43
足はしっかりしている

ムクドリ44
元気に鳴いている

ムクドリ45
羽づくろいも、ちゃんと出来る

野鳥を自然界に戻す時は、早朝がよいので、午前6時過ぎに、ムーちゃんを放す場所に向かいます。そこは、「1.ムクドリがたくさんいる、2.食べ物が豊富にある、3.車が通らず安全」で、以前から、「ムクドリ天国」と勝手に命名していた広い公園です。

ムクドリ46
「ムクドリ天国」の公園

ムーちゃんを運ぶ際、暴れてケガをすると大変なので、羽をバタバタできないよう、段ボールで小さな箱を作り、その中にムーちゃんを入れました。移動途中、ムーちゃんは、じっと静かにしていました。

公園に到着後、ムクドリの姿を数羽見かけました。ムクドリたちの近くで、ムーちゃんを放そうと思い、小箱を草の上に置き、フタを開けて待ってみることに。
予想としては、きっと、ムーちゃんは警戒しながら箱の外に少し出て、辺りを見回してから、近くの木に止まる、でしたが、実際は・・・箱の外へ一気に羽ばたき、あっという間に遠くまで飛んで行ってしまいました。何のためらいもなく!です。

リハビリ用にテラスを解放していたせいか、思った以上にムーちゃんの翼は鍛えられていたようでした。外に出たくて、窓際でよくホバリングしていましたし。

予想は見事に外れましたが、ムーちゃんのあまりの思いっきりのよさに、すっきりした気持ちになりました。ムーちゃん旅立ちの後に残ったのは、空の小箱だけ。

ムクドリ47
ムーちゃん旅立ちの後は、小箱がポツンと。

まだ、朝早いので、今日中に、ムーちゃんは、食べ物を探す場所を見つけ、仲間を見つけ、ねぐらを見つけることができるはず。

ムーちゃんを放してからしばらくすると、すぐ近くでムクドリの群れをいくつか見かけました。きっと、ムーちゃんにも見えているはずなので、うまく仲間と合流できることを願いつつ、その場を後にしました。

さらば、ムーちゃん!お達者で、チュ! 

<余談>
ムーちゃんを保護した当初、暴れもしないし、怖がりもしなかったので、当の本人は、意識がモウロウとしていて、状況をよく覚えていなかったと思います。ムーちゃんは元気になると、ものすごく人を怖がったので、「いつの間にか、自分は拉致されている!」と、思ったことでしょう。なので、ムクドリの仲間には、きっとこう伝えたはず。「俺(私)、ひどい目にあったよ!」と 

自宅に帰ると、まだ大仕事が待っていました。テラスの大掃除です。バケツで水を何度も運び、床をこすり、日よけの段ボールを外し、と、後片付けに約3時間かかりました。床に何か敷いておけばよかったな~。

ムクドリ48
テラスはひどい有様だけど、無事、旅立ってくれてよかった!

「ヒナの保護 ムクドリ 第1話」へ戻る

ムクドリの関連記事:
「集団日焼けサロン ムクドリ」はこちら
「お騒がせ屋さん ムクドリ」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ