ヒナの保護 ムクドリ 第2話

野鳥の世界 ムクドリ

「ヒナの保護 ムクドリ 第1話」の続きです。

■2日目

天候は大雨で、最高気温は21℃。
「はたして、ムクドリのヒナは生きているだろうか?」と、あまりよく眠れないまま、朝を迎えました。早朝5時頃、そっと鳥カゴの上にかけてある電気ひざ掛けを外してみると、ムクドリのヒナ(以降、ムーちゃん)は生きていました!よかった!

ムーちゃんは、驚くほど元気になっていました。口を大きく開けて、こちらを威嚇しています。餌をあげようと思い、口元にミールワームを近づけるのですが、振り回して放り投げ、食べようとしません。仕方がないので、九官鳥用の餌をお湯でふやかし、注射筒に入れて、少しだけ食べさせました。

ムーちゃんは、こちらの姿がチラッと見えるだけで、カゴの中でバタバタと暴れまわるので、「これではケガをしてしまう!」と思い、リハビリにと考えていた、屋根と窓付の物干し用テラスに放すことにしました。

ムクドリ18
屋根と窓付のテラスに放されたムーちゃん

ムーちゃんは、外に出ようと少し飛んでみたり、テラス内のいろいろな場所に止まってみたりしていました。

ムクドリ19
外を眺めるムーちゃん。今日も大雨

ムクドリ20
物干し竿に止まってみるムーちゃん

慣れない環境のせいか、ムーちゃんがしきりに鳴いています。すると、近くの電線にムクドリが3羽やって来て、ムーちゃんとコミュニケーションをとり始めました。1羽のムクドリが、ムーちゃんのいるテラスの窓際に飛んできて、ムーちゃんの様子を確認していました。ムクドリは、何と賢く、仲間同士の絆が強い鳥さんだろう!と感心させられました。

ムーちゃんを自然界に返すには、まだ時期尚早なので、ここはぐっと我慢して、彼らの友情に目をつむることにしました。3羽のムクドリたちは、あきらめて去っていきました。

さて、ムーちゃんをテラスに放したからには、自力で餌を食べたり、水を飲んだりしてもらわないといけません。ムーちゃんは、どこまで親鳥から教えてもらっているでしょうか?

ムクドリは、よく地面をホジホジして食べ物を探すので、植木鉢用のトレイに砂を入れ、その上に生餌を置いてみることにしました。とり急ぎ、自宅の庭で、ダンゴ虫を約40匹捕まえて与えてみることに。午前9時前に、ダンゴ虫をパクパク食べているムーちゃんの姿を確認。追加でダンゴ虫10匹を与えると、すぐさま食べてしまいました。

ムクドリ21
水入と砂を入れたトレイを用意

自力で虫を食べられることを確認できたので、生餌をペットショップで購入し、午前11時半頃、ミールワーム(50匹)とコオロギ(120匹)をムーちゃんに与えてみました。ムーちゃんは、ものすごい勢いで食べ始め、15時に追加のミールワーム(50匹)を与えた時には、コオロギは数匹しか残っていませんでした。

ムクドリ22
ミールワームを食べるムーちゃん

ムクドリ23
コオロギを捕えるムーちゃん

わずか1日で、驚きの回復ぶりです。昨日、食べられなかった分を取り戻すべく、食べまくったムーちゃんに睡魔が襲いかかります。満腹で動けなくなったムーちゃんは、床に降りたまま、眠ってしまいました・・・。

ムクドリ24
満腹で動けなくなり、

ムクドリ25
そのまま、床で眠ってしまうムーちゃん

これは、いかん!ですよ。自然界なら、アウト!です。

ムーちゃんは、水浴びの方法もちゃんと親鳥から教えてもらっていたようで、迷わず、水入れの中に入っていました。

ムクドリ26
水浴びをするムーちゃん

ムクドリ27
水浴び後は、羽がビショビショ

もう、ここまで、いろいろ自分でできるのなら、あとは体力の回復と、翼を鍛えるのと、天候が回復するのを待てば、自然界に戻ることができます。

夕方、物干し竿に止まって、眠る準備をするムーちゃんを確認。止まる場所は、いくつかあるのですが、さて、最終的には、どこで眠るのやら?

ムクドリ28
物干し竿に止まり、眠る準備

これにて、2日目終了です。

2日目に与えた餌の量:九官鳥の餌を少量、ダンゴ虫を約50匹、コオロギを120匹、ミールワームを100匹

これだけ食べれば、ムーちゃんが飢え死にする心配はないでしょう。明日は、もっと元気になっているはず?

「ヒナの保護 ムクドリ 第3話」へ続く

<余談>
ムーちゃんの食べっぷりを目の当たりにし、いかに多くの生き物に命を支えられているか?を痛感しました。ムクドリでさえ、驚きの量なのですから、人間が生きるために、犠牲となっている命は計り知れません。改めて、自然の恵みに感謝です。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ