パーフェクトな響き カッコウ

野鳥の世界 カッコウ

「カッコウ」というオスの鳴き声がそのまま名前となった、カッコウという鳥さんがいます。夏季に北海道~九州の草原や山地の林などで観察することができるようです。

今回は、このカッコウのお話です。

カッコウは体長が約35cmとカッコウ類(ホトトギス、ジュウイチ、ツツドリ)の中で最も体が大きいです。昆虫類を主食とし、大型の毛虫なども食べます。カッコウは開けた場所を好み、電線などに止まってよく通る大きな声で鳴くので、存在感は抜群です。

とある住宅のアンテナに止まり、「カッコウ、カッコウ」と鳴いているカッコウを発見。

カッコウ2
2014年6月 埼玉県 カッコウ(オス)

カッコウの仲間は托卵といって、他の鳥の巣に卵を産み、その巣の親(仮親)に子育てをしてもらいます。カッコウには約30種もの托卵相手となる鳥さんがいて、これはカッコウ類の中では最も数が多いそうです。カッコウに托卵される主な鳥さんは・・・モズホオジロオオヨシキリノビタキオナガなど。

カッコウの托卵相手に選ばれると、自分の子供は殺され、大食漢への餌運びが待っているという、過酷な運命が待ち構えています。
カッコウのヒナは、仮親の卵やヒナを巣の外に落としてしまい、餌を独占できる状態にします。仮親は、我が子と信じて、自分の何倍もの姿に成長するカッコウのヒナに、せっせと餌を与え続けます・・・。

この時見かけたカッコウの近くには、オナガがいたので、托卵相手としてはオナガが狙われている?

カッコウ3
「奥さんには、オナガの巣に卵を産んでもらおうかな?」

このカッコウのオスは、今度は電線に止まり、「カッコウ、カッコウ」と鳴いていました。尾羽を上下させて、一生懸命鳴くカッコウの姿は、なかなか愛嬌があります。鳴く前には胸部が膨らんでいます。

カッコウ4
鳴く前には胸部を膨らませ、

カッコウ5
「カッコウ、カッコウ」 と鳴くと胸部はスッキリ

カッコウ6
すぐさま胸部を膨らませ、鳴く準備をします

カッコウの鳴き声は、欧米人にも「カッコウ」と聞こえるそうで、日本と同じくカッコウという名前が付けられています。国や人種が違えば、犬や鶏の鳴き声の聞こえ方にも違いがあることを考えると、「カッコウ」だけは共通!というのは、とても珍しいことだと思います。

カッコウ7
欧米人にも同じく「カッコウ」 と聞こえるそう

国は違えど、多くの人の耳に共通のパーフェクトな響きを放つカッコウ。今後も、「カッコウ、カッコウ」と鳴いて、初夏の訪れを知らせてくださいね、チュ!

<余談>
ツツドリと同じくカッコウも、卵を産む際、かなりの努力?をしているようです。

托卵相手の中にはカッコウの卵と見破る鳥さんもいるようで、その場合は、カッコウの卵は排除されてしまいます。そのため、カッコウは托卵相手の卵の模様に似せた卵を産み落とすという、新たな技を繰り出したりしているそうです。どうして、そんな器用な事ができるのか?・・・野鳥の世界は本当に奥が深いです。

<カッコウを脅かすもの>
山地の林・草原・アシ原の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
托卵相手の野鳥の減少:繁殖ができなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ