5年目の神社の番人 アオバズク

野鳥の世界 アオバズク

青葉の茂る頃、日本に渡って来て、営巣をするアオバズク。毎年、同じ場所で子育てを続けているアオバズクですが、さて、今年も無事、飛来しているでしょうか?今回は、恒例のアオバズク観察の紹介です。

6月になると、毎年様子をチェックしているアオバズクのことが気になって、ソワソワとし始めるのですが、今年は大雨の影響でなかなか外へ行けず。
ようやく天候が回復したある日の午後、いざ、行ってみることに。さて、アオバズクはいるかな~?

現地の神社に到着してみると、すでにカメラマンが数名いたので、「あっ、いるんだ!」とすぐに分かりました。今回、アオバズクがいたのは、いつもの木ではなく、その隣の大木でした。

アオバズク32
2014年6月 埼玉県とある神社 アオバズク(オス)

過去の写真と比較すると、年々、腹部の茶色模様が少しずつ増えているようですが、今年、観察したのも同じオスのようです。メスの姿は見当たらなかったため、いつもの洞で抱卵中と思われます。

この日は風が強く、枝や葉がザワザワと揺れていて、アオバズクのオスはおちおちと眠っていられないようでした。

アオバズク33
葉の揺れが気になるアオバズク

アオバズク34
「葉が邪魔・・・」

毎年、眠っている姿を観察することが多いこのアオバズクですが、今回はよく動いていました。

アオバズク35
羽を伸ばしたり

アオバズク36
枝の上に登ったり、

アオバズク37
枝の下に移動したり、と。

風のいたずらで、こんなショットも。

アオバズク38
超ぜっぺき!

アオバズクの頭は大きく見えるのですが、羽毛がふっくらしているだけで、中身は小さいのですね。風に翻弄されるアオバズクのオスですが、きっと、こう言いたかったに違いありません。

アオバズク39
「風よ、静まれ」

5年目の今年も元気な姿を見せてくれてありがとう。風が強い日の見張り役はなかなか大変ですが、頑張ってくださいね、アオバズクさん!チュ!

<余談>
さすがに、5年目となると、「もう、世代交代しているのでは?」と思ったのですが、過去の写真と数時間、睨めっこした挙句、やはり同じ個体だと判断しました。

越冬地の東南アジアと繁殖地の日本を行き来し、同じ場所で毎年営巣するアオバズクの姿を観ると、いつも彼らの生命力に驚かされます。

人というのは、自らの意思で命を絶つ場合もあるという不思議な生き物ですが、本来は「生きていること自体がすごい」ことなので、もっと自然界から学ぶことは多いはず。

アオバズクの関連記事:
「世代交代の神社の番人 アオバズク」はこちら
「4年目の神社の番人 アオバズク」はこちら
「3年目の神社の番人 アオバズク」はこちら
「ヒナは祭り好き アオバズク」はこちら
「神社の番人はお疲れ気味 アオバズク」はこちら
「森のお友達 リュウキュウアオバズク」はこちら
「神社の番人 アオバズク」はこちら

<アオバズクを脅かすもの>
森林破壊・大木の伐採:樹洞のある大木がないと営巣できないようです。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ