勇気あるツグミ、庭に再来!

野鳥の世界 ツグミ

越冬を目的に日本を訪れる野鳥の中で、全く同じ鳥さんと再会できる確率は、かなり低いと思われます。今回は、庭に再来したツグミのお話です。

あの記録的な大雪が関東を襲った日、「どうせー外に出られないのなら、たまには庭でも眺めることにしよう!」と決め、降りしきる雪と野鳥たちの様子を観察することにしました。

雪がどんどん降っている中、多くの野鳥が飛び交っています。そして、ツグミがポツンと止まっている姿が目に入りました。「あれ~、この冬もツグミが来ていたとは、知らなかった!」

普段は、庭の野鳥たちを警戒させないよう、窓のレースカーテンを閉めっぱなしにしているので、この時までツグミの存在に気づきませんでした。

ツグミ11
2014年2月 埼玉県自宅の庭 ツグミ

あーちゃん宅の庭にツグミがやって来たのは、前の冬が初めてでした。開けた場所が好きなツグミにとって、あーちゃん宅の狭い庭は敷居が高いようで、庭を訪れるにはかなりの勇気がいるようです。

なので、普通のツグミがおいそれとあーちゃん宅の庭にやって来るはずはないため、今回見かけたのも同じツグミ?

ツグミ12
前の冬にやって来たのと同じツグミ?

と、ここで、このツグミは見覚えのあるポーズをとったのです!そのポーズとは、「水入れの奥側に止まり、正面を向く!」でした。

ツグミ13
このポーズには見覚えが!

ちょうど約1年前に撮影したツグミの写真があったので、今回の写真と比較してみると・・・ポーズがそっくりです。

ツグミ14
水入れに止まるポーズがそっくり!(左:2014年2月、右:2013年2月)

次に胸のまだら模様と顔の模様を比較してみると・・・非常に似ています。

ツグミ15
胸のまだら模様と顔の模様がそっくり!(左:2014年2月、右:2013年2月)

背中の羽色はどうでしょうか?比較してみると・・・ほぼ同じです。

ツグミ16
背中の羽色は、ほぼ同じ!(左:2014年2月、右:2013年2月)

ツグミの羽色や胸のまだら模様には個体差があり、1羽1羽かなり違っているのですが、上の比較写真からすると、この2羽については明確な違いが見当たりませんでした。
ということで、このツグミは前の冬に見かけたのと同じ鳥さんです!

ツグミ17
約1年ぶりの再会!よくぞ、ご無事で!

と、ここで不安が。せっかく越冬場所として、あーちゃん宅の庭を選んでくれたわけですが、この大雪の中、食べ物を探せたでしょうか・・・?

しばらくの間、ツグミの様子を観察していると、何かをくわえていました。よ~く観ると、ナッツです。何とか、食べ物を見つけたようです。

ツグミ18
庭でナッツを見つけたツグミ

この後、ツグミの姿を見失ってしまったので、どこかに行ってしまったかと思いきや、その10分後、再び庭にいるのを発見!尾を上下にブンブンと振っています。雪を払っているのでしょうか。

ツグミ19
尾をブンブンと振るツグミ

この日は他の野鳥と同じく、このツグミもかなり長い時間、庭にいたようです。その後、雪はどんどん積もり、はてさてツグミはどうなったでしょうか・・・?

次にツグミを庭で見かけたのは、大雪が降った数日後でした。無事でよかった!

この冬のドカ雪には、ツグミもさぞかし驚いたことでしょう。春になると、繁殖地を目指して海を渡るツグミ。冬になると、再びあーちゃん宅の庭にやって来て、元気な姿を見せてくださいね、ツグミさん!チュ!

<余談>
渡りをする野鳥の中で同じ鳥さんと約1年ぶりに庭で再会したというのは、本当に驚くべきことでした。「繁殖地はどこなのかな~」とか、「あーちゃん宅の庭をよく覚えていたな~」とか、このツグミの姿を通して、いろいろ考えさせられました。

豪雪地帯でもない地域に、今回のような大雪が毎年降るとしたら、野鳥たちの生存率は著しく下がり、渡りをする野鳥であれば、今後渡来しなくなるかもしれません。
今回、大雪を経験したこのツグミは、次の冬も飛来してくれるでしょうか。もし、「あーちゃん宅の庭があるから大丈夫!」と思っているとしたら・・・責任重大です!

ツグミの関連記事:
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ