ふっくら美人(美鳥?) ツグミ

野鳥の世界 ツグミ

冬に平地の開けた場所で、少し歩いては、ピタッと止まり、胸を反らせてじっーとしている、ツグミという鳥さんがいます。スズメと比べると少し大きい上、農耕地などでポツンとしている姿が目立つので、目にする機会が多い野鳥です。

今回は、このツグミのお話です。

まだ、野鳥についての知識が乏しい頃、冬に、あまりにもツグミと出会う頻度が高いので、「どこにでもいて、いつでも会える鳥さんなんだな~」と思っていました。ところが、秋にシベリア方面から長距離を旅して渡って来る野鳥であることを知り、「どこにでもいるからといって、ツグミさんをなめちゃーいけない!」と、考えを改め、尊敬の眼差しを向けるようになりました。

ツグミは、個々により、歩き方や体色に違いがあります。トコトコ歩くツグミもいれば、ピョンピョンとホッピングするツグミもいますし、体色や模様も一律ではありません。胸を反らせてじっーとする姿は共通のようで、ふっくらと美味しそう・・・いえ、なかなか立派!に見えます。

ツグミ1
2010年3月 北本自然観察公園 このツグミは、なかなかの美人(美鳥?)さんです。

ツグミ2
2010年4月 埼玉県とある市の空き地 ツグミは個々により、模様が違います。

鳴き声は、「ギュイギュイ」とかなり大きめで、「あっ、ツグミがいる!」とすぐにわかります。

ある冬の初頭に、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリの3種が、1本の柿の木に群がっていて、大騒ぎしながら、柿の実を奪い合っていました。
合計10羽ほどいたでしょうか。ヒヨドリとムクドリは強い鳥として有名ですが、ツグミも負けておらず、「ギュイギュイ」と鳴きながら、頑張っていました。冬にしっかり食べておかないと、春に旅立つことができませんからね!ここは負けられません!

春も終わりになると、自宅近辺にツグミがたくさん集まってくる場所があります。昨年のゴールデンウィークの頃には、あそこにも、ここにもツグミが!というぐらい、1カ所にたくさん集まってきていました。5月初め頃には、集団で繁殖地に向けて去って行くようです。今年も、そろそろ旅立ちの時期です。

ツグミ4
2010年1月 北本自然観察公園 ふっくらと丸いツグミ。

この春は、4月に雪が降ったりとおかしな天候でしたが、旅の無事を願いつつ、次の冬に再会できることを楽しみに、お元気で!チュ!

<余談>
数十年前の日本では、秋に集団で渡ってきたツグミを「かすみ網」で大量に捕獲し、焼き鳥にしていたそうです。野鳥の捕獲の禁止や「かすみ網」の使用を禁止する法律ができるまでは、ツグミにとっては受難の時代でした。数が多いからといって、むやみやたらに捕獲を続けていたら、絶滅してしまうのは時間の問題です。

世界的な例としては、地球上で最も生息数の多かった北米のリョコウバトという野鳥が、狩猟などの乱獲により、遂には絶滅してしまった、という、信じられない話があります。
日本では希少種として保護されていても、規制のない海外の越冬地や繁殖地では捕獲されている、といった問題も、現在ではあるようです。
渡り鳥の保護には、世界的な規模で取り組む必要がありますね。

ツグミの関連記事:
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

沖縄探鳥・・・たのしく見させていただきました
今回は ツグミですね!
好きですー
あの たらりんとした翼がなんとも愛嬌たっぷりで ^^)
しかし なぜか私はなかなか出会えません
こちらのブログで見られて嬉しいです!

ところであーちゃんさん
ずーずーしくも リクエストして良いでしょうか?
オナガ!
私は長野県の出身で 実家にいる頃は
庭でも近所の立ち木でも たやすく目にしたのに
京都に来たら一切見かけなくなりました・・・
色といい形状といい とっても好きな鳥さんなのに・・・
もし 以前に紹介済みならば いつ頃なのか
ぜひ 教えてくださいませ
急ぎませんので
ぜひぜひ ^^)

はじめまして[e:343][e:420]

最近ブログ見させていただいています。
僕は動物みんな好きなんですがリョコウバトの悲劇、あれは人類の汚点ですよね。
力のある人間が周りの動物を消していく。
当時大げさな話かわかりませんが5億羽はいると言われたリョコウバトを人間があっという間に絶滅させてしまった。
許せない話です。
つい最近まで美しいリョコウバト、モアみたいなすごく大きい鳥、鳥類に限らずタスマニアタイガーやニホンオオカミ、確かにいたんですよね。
最後のリョコウバトは動物園に連れてかれ大統領夫人の名前をつけられひっそりととまっていた木から落ちて息を引き取ったとか。
興味本意や見た目が見にくい、人間に害を及ぼす、そんな理由で生き物を殺してはいかんと思います。
人間は強いんですから。
長々とすみませんでした
これからもブログの更新頑張ってください

ポンさんへ

ありがとうございます!
オナガは、まだ紹介しておらず、そろそろ公開しようと思っていたところでしたので、リクエストにお応えして、スケジュールを前倒し、公開しました!お読みいただけると、嬉しいです。

Dさんへ

はじめまして。
コメントを下さり、ありがとうございます!とても嬉しいです。
絶滅してしまった生物や、絶滅寸前の生物の話を聞くたびに、本当に心が痛みます。
人間は、もっと他の生物の生きる権利を認めるべきだと思いますし、そうしない限り、手痛いしっぺ返しが必ず来ると思っています。
生物が次々と絶滅している現状をご存知の方が少なすぎるように思いますので、少しでも多くの方に、「地球上には、こんな野鳥がいますよ、彼らも精一杯生きていますよ、どうか絶滅させないでください!」と訴えていきたいと思います。
励ましのお言葉、本当にありがとうございます!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ