普通じゃない! タカブシギ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 タカブシギ

かつては普通種、現在は希少種となってしまった、タカブシギという鳥さんがいます。シギの仲間の野鳥で、日本では春と秋の渡りの時期に観察することができ、関東以南では少数が越冬しているようです。

今回は、このタカブシギのお話です。

タカブシギの繁殖地はユーラシア大陸北部、越冬地はアフリカ、インド、東南アジア、オセアニアなどですが、タカブシギの日本への渡来数は減少傾向にあり、とうとう環境省第4次レッドリスト(2012)で「絶滅の危険が増大している種」として絶滅危惧II類(VU)に指定されてしまいました・・・。

非繁殖期のタカブシギは数羽~数十羽の群れで、水田や湿地などの淡水域に現れます。タカブシギが減ってしまった理由は、淡水湿地の減少や(農薬の使用などを含む)環境悪化が原因のようです。

探鳥時に水田エリアで出会ったタカブシギたちは約10羽ほどいましたが、彼らは密集して群れているのではなく、わりと自由に散らばった状態で採餌していました。

タカブシギ2
2013年9月 沖縄本島中部 とある水田 タカブシギ

タカブシギたちの羽色は、さまざまでした。夏羽では上面の大きな白斑が目立ち、冬羽では羽縁の白色が目立ちます。

タカブシギ3
まだ上面の大きな白斑が目立つタカブシギ(冬羽に換羽中)

タカブシギ4
羽縁の白色が目立つタカブシギ(冬羽)

タカブシギの幼鳥も数羽いました。成鳥と幼鳥とでは、羽色や各羽の形状が違っています。

タカブシギ5
上面が灰褐色のタカブシギ(幼鳥)

タカブシギ6
表情も幼い感じ?のタカブシギ(幼鳥)

タカブシギ7
各羽に丸みのないタカブシギ(幼鳥)

タカブシギの体長は約22cmで足は長めですが、セイタカシギと比べると・・・とても小さく見えます。

タカブシギ8
セイタカシギと一緒に早朝散歩中?のタカブシギ

田イモ畑で葉の陰に隠れているつもり?のタカブシギを発見。

タカブシギ9
タカブシギ(幼鳥)

丸見えなのですが、このタカブシギは安心しているようで、羽づくろいを始めました。

タカブシギ10
「ここなら大丈夫!」 丸見えですが・・・

この水田エリアにはタカブシギの他にも野鳥が大勢いたので、食べ物が豊富にあると思われます。おそらく農薬を使用しておらず、タカブシギの主食である昆虫類や甲殻類もたくさんいることでしょう。このような場所がもっと増えれば、タカブシギの生息数の減少に歯止めがかかるはず。

「普通じゃない!」タカブシギは、いつの日か、また普通種と呼ばれる時が来るのでしょうか?頑張って生き延びてください、タカブシギさん!チュ!

<余談>
かつてのタカブシギについては、図鑑などでも、「ごく普通に見られる旅鳥」とか、「春秋に普通に見られ」とか、「一般的な中型シギ類」と記載があります。
タカブシギの生息状況の変化については、普通が普通でなくなってしまった、本当に残念な事件です・・・。

<タカブシギを脅かすもの>
繁殖地、中継地、越冬地の環境破壊:世界中で、えさ場(水田・淡水の湿地など)が減少しているようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ