南でバッタリ オオジシギ(準絶滅危惧種)

野鳥の世界 オオジシギ

繁殖地は日本やサハリン南部、越冬地はオーストラリア南東部と非常に限られたエリアにのみ生息するオオジシギ。日本国内で繁殖するタシギ類はオオジシギだけなので、夏季に繁殖地(北海道や東北、本州中部以南の高原)で出会ったなら、誰?と迷うことはありません。

しかし、渡りの時期にタシギ類とバッタリ出会ってしまったら・・・「はて?あんた誰?」となる可能性が高くなります。というのも、タシギ類(タシギ、ハリオシギ、チュウジシギ、オオジシギ)はとってもよく似ていますから・・・。

今回は、秋に南で出会ったタシギ類の鳥さんを識別するお話です。

久しぶりに沖縄本島を探鳥することになり、ちょうど秋の渡りの時期だし、渡り鳥たちが立ち寄りそうな場所をブラブラしてみることにしました。「干潟や水田に行けば誰かはいるだろう!」ということで、この時は水田エリアを探してみることに。

目的地に着くまでは、カンカン照りで陽射しも強く、時間帯はお昼頃。野鳥たちが活動するには、う~ん・・・といった状況です。ところが、目的地に到着すると、タイミングよく小雨がさっーと降って、すぐに止みました。これはラッキーです。雨上がりは野鳥たちが出てきますから。

今がチャンスとばかりに、急いで探鳥を開始します。広い水田の脇を車でゆっくり進んで行くと、野鳥たちの姿があちらこちらに見えます。

草むらに野鳥数羽を発見。タシギ類の野鳥やタカブシギ(絶滅危惧種)、ツメナガセキレイの姿が見えます。このタシギ類の鳥さんを識別すべく、しばし、観察することに。

オオジシギ6
2013年9月 沖縄県本島中部 とある水田 タシギ類の野鳥(左)、タカブシギ(手前)

タシギ類の野鳥は体長約20cmのタカブシギ(上の写真の手前)よりかなり大きいです。細部をチェックしていきます。くちばしはどうでしょう?

オオジシギ7
くちばしをチェック!

くちばしはタシギほど長くはないので、この鳥さんはタシギではありません。タシギ類を識別するには、尾羽の枚数や外側数対の形状などが有力な手がかりとなりますが、この鳥さんの尾羽はどうでしょうか?

オオジシギ8
尾羽をチェック!

尾羽の枚数は不明なので色味と形状を観ると・・・外側が白っぽく、さほど細くはありません。ハリオシギの尾羽の外側数対は非常に細く短いので、この鳥さんはハリオシギではありません。

残る候補はチュウジシギとオオジシギ。この2種を見分けるには、体全体の色味と頭央線をチェックしてみます。通常、チュウジシギの色味は濃く、オオジシギは白っぽいです。この鳥さんの色味は?

オオジシギ9
体の色味をチェック!

体の色味はやや白っぽい感じがします。次に頭央線をチェックします。通常、チュウジシギの頭央線は、くちばしの基部には達しておらず、オオジシギは達しているものと達していないものがいるそうです。この鳥さんの頭央線は?

オオジシギ10
頭央線をチェック!

オオジシギ11
頭央線をチェック!

頭央線の写真は尾羽を広げている方が分かりやすいですが、あえて違う写真も掲載。頭央線はくちばしの基部に達しています。

ということで、総合的に判断するとこの鳥さんの正体は・・・オオジシギ!です。

オオジシギ12
「私の正体はオオジシギ。これからオーストラリアまで行くのよ!」
※オスかメスかは不明

越冬地のオーストラリアまで、まだ距離がありますが、ここまでくればあともうひと頑張りですね。無事、越冬地までたどり着き、来年、また日本にやって来てくださいね、オオジシギさん!チュ!

<余談>
非常によく似たタシギ類の中で、唯一オオジシギだけが日本で繁殖する鳥さん、というのはとても興味深いです。生息エリアが狭いわけですから、それだけ環境の変化も受けやすく、準絶滅危惧種に指定されているというのも分かる気がします。

先日、希少な野生動物の減少に歯止めがかからない、という新聞記事を読みました。理由は生息地の環境破壊や人間の欲望(漢方薬や富の象徴)のための密漁が後を絶たない、ということが挙げられていました。まったく、プンプン!

オオジシギにとって、日本は貴重な繁殖場所なので、安心して子育てができる環境保全がいかに重要か?を痛感しました。

オオジシギの関連記事「 一人オーケストラ? オオジシギ(準絶滅危惧種)」はこちら

<オオジシギを脅かすもの>
草地・湿地・水田の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ