水辺の名ハンター ミサゴ(準絶滅危惧種)

野鳥の世界 ミサゴ

飛翔姿もハンティング姿もカッコイイ、ミサゴ(準絶滅危惧種)という鳥さんがいます。タカの仲間の野鳥で、北海道では主に夏季、南西諸島では主に冬季、それ以外の日本の地域では周年観察できるようです。

今回は、このミサゴのお話です。

ミサゴは水辺に生息するのですが、自宅近辺では、たまに見かける程度です。上空を飛翔していたり、木の枝に止まっていたりしますが、距離が離れており、米粒ほどの大きさなので写真は撮れません・・・。

比較的、南西諸島では、わりと近い距離で観察できる機会が何度かありました。ミサゴの体長はオスが約55cmでメスが約64cm、翼は長めなので飛翔姿はシャープな印象を受けます。

ミサゴ6
2010年2月 鹿児島県奄美大島 ミサゴ

ミサゴ7
2011年5月 沖縄県伊良部島 ミサゴ

ミサゴは海岸や大きな河川、湖などで魚を捕食します。魚を見つけると、上空から足を突き出して一気に襲いかかります。ミサゴの足は魚を捉えると外れにくくなっており、魚をつかんだまま飛び去ります。

たまたま干潟でじっと佇んでいるミサゴを発見!

ミサゴ8
2013年9月 沖縄県 漫湖干潟 ミサゴ

ミサゴの爪をよ~く観てみると・・・鋭い!です。この爪でガシッとつかまれたら、魚はイチコロですね。

ミサゴ9
鋭い爪を持つミサゴ

魚をちぎって食べやすいよう、ミサゴのクチバシも鋭いです。

ミサゴ10
クチバシも鋭く、迫力があるミサゴ

正面から見ると、こんな顔です。クチバシが結構下に湾曲しているのが分かります。

ミサゴ11
ミサゴの正面顔

鳥さんの顔を正面から見ると変な顔に見えることが多いのですが、ミサゴはそうでもないですね。やはり、タカの仲間だからでしょうか。モノトーンっぽい黒褐色と白のメリハリのある色合いで、モダンな感じがするせい?

ミサゴ12
メリハリのある色合いのミサゴ

水辺の生態系の頂点に位置するミサゴは生息数が減少傾向にあると言われています。理由は、化学物質などに汚染された魚を捕食することによる影響や、営巣に利用するマツの枯死、釣りなどのレジャー目的で営巣場所へ人が立ち入ってしまうなどの問題が考えられるそうです。

環境がよくない中、いろいろ大変ですが、今後も負けずに生き延びてください、ミサゴさん!チュ!

<余談>
生態系の頂点に立つ生き物ほど、環境の影響を受けやすいので、ミサゴはいろいろと考えさせられる鳥さんです。
様々な食べ物を摂取する人間も例外ではありませんね。年齢を重ねれば重ねるほど、化学物質が体内に蓄積していくそうですから・・・。

人間のせいで絶滅の危機に追いやられる鳥さんがいるという現実は、実は人(鳥)ごとではなく、知らず知らずのうちに我々にちゃ~んと返ってきているのですね・・・恐ろし!

<ミサゴを脅かすもの>
海岸・河川・湖沼の環境破壊:捕食する魚が汚染されます。生息場所や営巣場所がなくなります。
レジャー目的での営巣場所への人の立ち入り:営巣できなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ