沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第5話

野鳥の世界 沖縄探鳥旅行記 2009年5月 4日目


沖縄旅行最終日。

日航アリビラ周辺 午前7時~8時。

日航アリビラの屋根は、瓦でできているため、スズメやリュウキュウツバメが非常にたくさん営巣しており、5月の巣立ち時期になると、幼鳥たちの集団飛行訓練を、あちらこちらで観ることができます。大勢で上空に向かって飛び立ち、バタバタと少し羽ばたいては、元の場所へすぐ戻る、という訓練を何度も繰り返しており、幼鳥たちのぎこちない動きには、とても愛嬌があります。

アリビラ1
スズメやリュウキュウツバメたちのお気に入りの赤瓦屋根(鳥は写っていませんが・・・)

日航アリビラ前の道路の両端には木々が並んでおり、メジロ、ヒヨドリ、タイワンシロガシラが、とても多く、にぎやかに鳴いています。

メジロ7
リュウキュウメジロ

日航アリビラ周辺の畑を散策。
なぜか、水が全くない場所に、大きなミドリガメを発見!捨てられてしまったのでしょうか?
干からびた溝に落ちそうだったで、草むらの方へ移動してあげました。早く飼い主が見つかるとよいですが。

ミドリガメ1
迷子のミドリガメ

畑の中に、嘴の端に黄色が残る、イソヒヨドリ(メス)の幼鳥を発見。

イソヒヨドリ2
イソヒヨドリ(メス)幼鳥

うるま市 勝連城跡 午前11時30分~午後12時30分頃。

うるま市にある、世界遺産の勝連城跡へ移動。ここは、絶景ポイントの一つで、晴れた日の景色は最高なので、時間があれば、たまに寄ります。

勝連城後1
世界遺産 勝連城跡。もっと下の方から見上げると、「天空の城」のように見え、圧巻です。

勝連城後2
勝連城跡の頂上から眺める景色は、両側が海で、素晴らしい眺めです。

勝連城跡には、野鳥はいませんでしたが、リフレッシュ効果抜群なので、ここもお気に入りポイントの一つです。

勝連城跡近くの公園でイソヒヨドリ(メス)を発見。水浴び後のようで、お腹が濡れています。

イソヒヨドリ3
イソヒヨドリ(メス)

今回の沖縄探鳥旅行は、これで終了です。天候にも恵まれ、多くの貴重な野鳥たちと出会えて、とても感慨深い旅となりました。沖縄の野鳥たちに感謝、ありがとう!チュ!

<余談>
緑豊かなやんばるの森でさえも、開発の波は避けられず、森がかなり分断されてしまったそうです。島の固有種たちは、やんばるの森でしか生息できないので、保全されない限り、絶滅の道へまっしぐら、となってしまいます。
佐渡のトキを見ても分かる通り、失ったものを取り戻すことは、非常に困難ですし、もう元に戻すことは永久にできないかもしれません。トキの二の舞にならないよう、絶滅が危惧されている野鳥たちの生息場所の確保・保全は、とても重要ですね。

沖縄探鳥旅行記 2009年5月 トップへ戻る

沖縄探鳥(秋)の関連記事「沖縄探鳥旅行記 2013年9月 第1話」はこちら
沖縄探鳥(冬)の関連記事「沖縄探鳥旅行記 2009年11月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ