集団日焼けサロン ムクドリ

野鳥の世界 ムクドリ

猛暑が続く中、野鳥たちはどのように過ごしているのでしょうか?今回は、強烈な太陽の陽射しを活用するムクドリたちの姿を紹介します。

外も歩けないほど強烈に暑い日、「誰かいるかな?」と、車中から探鳥をしていると・・・畑に奇妙な黒い物体が転がっているのが見えました。近づいて確認してみると・・・ムクドリです。みんなぶっ倒れています。

ムクドリ7
2013年7月 埼玉県とある畑 ムクドリ

ムクドリたちは、この暑さをものともせず、地面に伏せって日光浴をしている最中でした。地表の温度は相当高いはずですが、大丈夫のようです。

こうしてみると、手前の2羽は死んでいるように見えますが、動いていたのでちゃんと生きています。
一番手前のムクドリは幼鳥です。

ムクドリ8
日光浴中のムクドリ(幼鳥)

真ん中のムクドリは、ムクッと起き上がり、叫んでいるように見えました。

ムクドリ9
「あっ、暑い!」

このムクドリ3羽は親子のようで、子供に日光浴の大切さを教えているようでした。

ムクドリ10
「この強烈な陽射しがいいんだよ!」ムクドリ(中央:成鳥)
「うん、わかった!」(左:幼鳥)

右端のムクドリだけは、ずっと伏せたまま動きませんでした。日光浴に夢中のようです。

ムクドリ11
「日光浴は集中力が大事!」

この畑では約10羽ほどのムクドリが日光浴をしており、ムクドリたちの集団日焼けサロンと化していました。下からは地表の熱が、上からは強烈な太陽光線がムクドリを包み込みます。観ているだけで汗が出そうな光景ですが、ムクドリたちにとっては寄生虫などをやっつけるよい機会なのでしょう。

「暑い日は、野鳥たちも涼しいところにいて姿を見せないはず」と思っていたのですが、ムクドリたちは当初の予想を見事に覆してくれました。これからも猛暑に負けず、頑張って日光浴をしてくださいね、ムクドリさん!チュ!

<余談>
この夏は連日記録更新となるような猛暑続きで、自然界の生き物たちにとっても厳しい状況だったと思われます。
この先、さらに暑い夏が毎年のようにやってくる場合、生き物たちはどの程度まで適応できるのでしょうか?ムクドリたちは、灼熱の大地で変わらず日光浴ができる?
自然界の生き物が生きづらい世の中は、人間にとっても生存しづらい世の中ってことになります。
人間の力をまっとうに使えば、今なら、エアコンなしでも過ごせた頃の気候に戻すことは可能?

ムクドリの関連記事:
「ヒナの保護 ムクドリ」はこちら
「お騒がせ屋さん ムクドリ」はこちら

<ムクドリを脅かすもの>
農耕地・草地の減少:生息場所がなくなります。
人による捕獲:害鳥として駆除されるケースがあるそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ