北海道探鳥旅行記 2012年7月 第3話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2012年7月 2日目

2日目は3時に起床し、4時に早朝探鳥に出発です。
天気はめまぐるしく変わり、午前中は晴れ、午後は雨。朝は寒く、晴れると暑く、雨が降ると寒かったです。

春国岱に向かう途中、エゾシカの群れに出会いました。道路を横切り、砂利道へ移動中です。みんな一斉にカメラ目線!

北海道31
エゾシカの群れ

春国岱付近の森林をブラブラしてみることに。

春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター付近 午前4時30分~5時頃。

シロハラゴジュウカラがちょこまかと動いています。幼鳥のようです。

ゴジュウカラ11
シロハラゴジュウカラ(幼鳥)

他にはセンダイムシクイ、アオジ、カワラヒワ、コムクドリ、エゾコゲラがいました。

春国岱へ向かう途中の海岸付近 午前5時20分~6時20分頃。

車中から海岸を眺めていると、ポツンと大きめの野鳥が止まっている姿が目に入りました。念のため、車を停めて確認してみると・・・天然記念物のオジロワシ(絶滅危惧種)です!
望遠の効くカメラを持参し忘れていたので宿泊施設に取りに戻るというアクシデントがあったのですが、オジロワシはちゃんと待っていて?くれました!

オジロワシ27
オジロワシ

付近の草原からは、コヨシキリのけたたましい鳴き声が響いていました。

コヨシキリ3
コヨシキリ(オス)

コヨシキリの関連記事「まるで弾丸トーク? コヨシキリ」はこちら

次は春国岱を散策してみることに。

春国岱 午前6時30分~7時頃。

ヒバリがちょこんと姿を見せてくれました。

ヒバリ8
ヒバリ

足環を付けられているカワラヒワがいました。人間の調査に協力してくれている鳥さんです。

カワラヒワ10
足環のあるカワラヒワ

水場にはたくさんのアオサギがいます。春と秋の春国岱は多くの渡り鳥で賑わうようですが、夏季の主役はアオサギかも?アオサギに混じり、トビ1羽とタンチョウ1羽の姿も。

アオサギ24
アオサギとトビ(中央)

タンチョウ13
タンチョウ(左)とアオサギ

春国岱での散策は、まだまだ続きます。

北海道探鳥旅行記 2012年7月 第4話へ続く

北海道探鳥旅行記 2012年7月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ