北海道探鳥旅行記 2012年7月 第1話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2012年7月 1日目

今回は、2012年7月に2泊3日で北海道根室半島を旅した際の探鳥のお話です。第1話~第8話の8回に分けて、紹介していきます。根室市は日本最東端に位置し、夏季は日本の平地で最も気温の低い場所といわれていますが、さて、どんな野鳥たちが生息しているのでしょうか?

北海道東部

午前10時30分頃、釧路空港へ到着。曇り時々晴れの天候で、気温は15度~18度ぐらいで涼しいです。根室方面に向けて出発です。

北海道といえば、「北海道はでっかいど~!」と歌いながら雄大な景色を眺めるなど楽しみがたくさんありますが・・・まずは食事!ということで、ブラリと立ち寄ったお店で、鮭、ホタテ、いくら丼などをいただきました。

北海道29
鮭とホタテ

北海道30
いくら丼

北海道に到着して間もないですが、「本当に来てよかった!」とすでに大満足!
さて、時間が限られているので、とっとと出発です。まずは、霧多布岬に行ってみることに。

霧多布岬(湯沸岬) 午後1時30分頃~3時頃。

霧多布岬に到着。岬に向かい車中から観察を続けます。電線にノビタキのオスとメスが止まっています。

ノビタキ23
ノビタキ(オス)[夏羽]

ノビタキ24
ノビタキ(メス)[夏羽]

車から降りて、岬から海を眺めてみることに。一面霧で覆われ、冬の気候のように寒いですが、野鳥はいるでしょうか。

北海道18
霧多布岬(湯沸岬)の風景

岩場にアオサギ、オオセグロカモメが。

アオサギ23
アオサギ

オオセグロカモメ8
オオセグロカモメ

ウミウ数羽の姿も見えます。

ウミウ4
ウミウ

寒いので車中から霧多布岬付近の草原を観察することに。このような光景が広がっています。

北海道43
霧多布岬付近の風景

電線にノゴマのオスを発見。元気よくさえずっています。

ノゴマ6
ノゴマ(オス)

杭の上に止まっている野鳥がいます。双眼鏡で確認してみると・・・オオジシギ(準絶滅危惧種)です!オオジシギは2羽いたので、つがいと思われます。

オオジシギ3
オオジシギ

夏季の霧多布岬は霧が発生し、冷涼な気候だけれども、多くの野鳥が繁殖地として利用しているようでした。この地を後にし、目的地に向けて出発です。出発してすぐに、思いがけない出会いが!

北海道探鳥旅行記 2012年7月 第2話へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ