奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第7話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 4日目の続き

大瀬海岸 午前7時頃。

のっそりのっそりと歩き回る大型の野鳥を発見。くちばしの長~いホウロクシギ(絶滅危惧種)です。

ホウロクシギ2
ホウロクシギ

ホウロクシギの詳細記事「圧巻の長~いくちばし ホウロクシギ(絶滅危惧種)」はこちら

海岸での最後の鳥さんはチュウサギでした。

チュウサギ22
チュウサギ

まだ会いたい野鳥がいるので、再び奄美自然観察の森へ。

奄美自然観察の森 午前9時頃~午後12時30分。

姿は何度も見かけているのに、なかなか写真を撮らせてもらえなかった固有種のルリカケス。ちょうど子供が巣立ちしたばかりで、親子で森の中を飛び回っていました。

ルリカケス5
ルリカケス

リュウキュウサンショウクイの姿も。

リュウキュウサンショウクイ8
リュウキュウサンショウクイ

奄美大島の固有亜種アマミシジュウカラとアマミコゲラの姿もパシャリ。

アマミシジュウカラ1
アマミシジュウカラ

色味の濃いアマミコゲラ。

アマミコゲラ1
アマミコゲラ

前回の旅では、どんよりとした天候ばかりだったのですが、今回の旅では、ようやく晴れの奄美大島の姿を見せてもらうことができました。

奄美大島6
晴れた日の風景はとてもきれい!

奄美大島の貴重な森林を育むために雨は欠かせないものなので、もちろん降ってもいいのですが、降りっぱなしではなく、やはり晴れの日の姿も見せてもらいたいです。今回は、そのどちらの天候も体験することができ、いろいろと学ぶことができました。

そして、たくさんの貴重な野鳥たちの姿も見せてもらうことができました。ありがとう、奄美大島の野鳥たち。チュ!

<余談>
ワンダーランドのような希少種の宝庫である奄美大島は、いつか世界自然遺産に登録されるだろうと思います。保護すべき動植物がたくさんある場所として注目が集まるのは、とても望ましいことです。
けれども、大勢の人が押し寄せてしまうと、観光目的でさらに開発が進み、大切な自然が失われないか、という心配もあります。

こういった場所を開発する権限のある方は、自然との共存を第一に考えた上で、慎重に物事を進めてほしいです。観光の目玉(貴重な動植物)を自ら滅ぼすことのないように・・・。

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

奄美大島探鳥(2010年)の関連記事「奄美大島探鳥旅行記 2010年2月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ