沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第3話

野鳥の世界 沖縄探鳥旅行記 2009年5月 2日目の続き

車でさらに移動し、別のやんばるの森へ。 午前9時頃~11時頃。

到着してすぐ、ノグチゲラ(絶滅危惧種)が森の奥でチラチラと飛んでいる姿を発見!ガイドさんが大変喜び、ここからあまり動こうとされず、長時間、粘ることに。この時は、チラ見で終わり、撮影できず。しかし、世界中でここだけに生息するノグチゲラの姿を観れただけでも、大感動!

この年、ノグチゲラが営巣していた、という木をガイドさんに教えていただきました。 巣は使い捨て、だそうで、双眼鏡でのぞくと、蜂がブンブン飛んでおり、この時は、蜂が巣穴を利用しているようでした。

ノグチゲラ3
ノグチゲラの古巣。中は広く、4羽ほどのヒナが育つそうです。

森の中では、ホントウアカヒゲ(絶滅危惧種)の美声が響き渡っており、少し進むとオレンジ色のホントウアカヒゲがピョンピョンと地面を跳ねているのを発見。

ホントウアカヒゲ3
ホントウアカヒゲ(オス)

ホントウアカヒゲの詳細記事「美声にうっとり ホントウアカヒゲ(絶滅危惧種)」はこちら

他には、ウグイス、コゲラ、リュウキュウサンショウクイ(沖縄県指定の準絶滅危惧種)、アカショウビンの鳴き声が聴こえたけれども、姿は見えず。

ここで、ガイドさんとの探鳥ツアーは終了となりました。長時間、貴重なお話をたくさんしてくださり、ありがとうございました!

3時間の探鳥コースの予定だったのですが、いつの間にか、4時間30分も経っており、ホテルの朝食バイキングを食べそこねてしまいました・・・。腹ペコなので、すぐさまランチを食べに戻り、ひと息ついて、午後は、海へシュノーケルへ。透明度の高い海で、熱帯魚達と一時の楽しい時間を過ごします。

夕方、再び探鳥へ。

プライベートリゾートオクマ周辺 午後5時40分~7時頃。

前日、コムクドリのオス14羽が止まっていた同じ場所に、コムクドリのメスが1羽だけ、ポツンといました。
仲間とはぐれてしまったのでしょうか?無事、合流できるとよいですが。

コムクドリ2
コムクドリ(メス)

そして、謎の野鳥に出会う。畑の土が盛り上がっている場所に、その鳥はいました。約20分間ほど、「あなたは誰ですか?」と問いかけながら観察したけど、判別できず、その場での識別は断念。(旅行終了後、いろいろ調べた結果、正体が判明。後日、回答をコメント欄に記入します。)

クイズ1
謎の野鳥。「さて、わたしは誰でしょう?」

「ヒッヒッヒッ」と鳴きながら、縄張り内の草むらの上を飛び回るセッカを発見。止まった時が一瞬のシャッターチャンス。

セッカ1
セッカ

イソヒヨドリ、シマキンパラ(約10羽)、チュウサギ(準絶滅危惧種)に出会う。

そして、沖縄で越冬中のムナグロと遭遇。畑の真ん中にいて、ほとんど動かず。夏にはシベリアやアラスカで繁殖をする渡り鳥です。

ムナグロ1
ムナグロ(夏羽)

リュウキュウツバメの親鳥が電線に止まっているのを発見。

リュウキュウツバメ3
リュウキュウツバメ

湿地の草むらで、シロハラクイナの親子に出会う。ヤンバルクイナと同様、ヒナは真っ黒!そして、こちらも逃げ足は、ピカ一。

シロハラクイナ1
シロハラクイナの親子。手前と奥が親鳥、中央の黒い物体2つがヒナ。

水田に、バンを発見。

バン4
バン

草むらにシマキンパラ。

シマキンパラ2
シマキンパラ

「水辺の貴婦人」とか、「水辺のバレリーナ」などと呼ばれる足の長~い、セイタカシギ(絶滅危惧種)を発見!旅の途中のようです。

セイタカシギ1
セイタカシギ

2日目の探鳥は、これにて終了。長~い有意義な1日でした!

沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第4話へ続く

沖縄探鳥旅行記 2009年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

ノグチゲラi-198
早速野鳥図鑑を引いてみました
「沖縄本島北部にのみ留鳥としてすむ」
へー
キツツキ類は好きで 色々な写真を眺めたりしていたのですが.....
めったに目にしないはずです
キツツキさんの中ではジブい部類ですね
また新しい鳥さんを覚えました ^^)

ポンさんへ

こんばんわ。
再び、コメントを下さり、ありがとうございます!
ノグチゲラは、暗い森の中だと確かにシブい色ですが、光が当たると光沢が出て、ツヤツヤした感じになりますので、さほど地味といった印象はなかったですよ!

謎の野鳥の回答

イソヒヨドリ(オス)の幼鳥でした。イソヒヨドリ(オス)の成鳥の腹部は深紅色なので、幼鳥は全く別の野鳥に見えます。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ