奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第1話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 1日目

今回は、2012年5月に3泊4日で鹿児島県奄美大島を旅した際の探鳥のお話です。第1話~第7話の7回に分けて、紹介していきます。

固有種の野鳥が多い奄美大島。生命の息吹あふれる5月はどんな感じだろう?と思い、行ってみることに。

出発当日、奄美大島は悪天候のようで、飛行機が着陸できない場合は鹿児島空港か羽田空港へ引き返します、というアナウンスが流れ続けており、どうなることやら?とハラハラしましたが、無事、奄美空港へ到着。

鹿児島県奄美大島

到着後は、次第に天候は回復し、晴れ間も見えるようになりました。ほっ!と一安心。

奄美大島北部の道路 午後3時頃。

車で移動中、電線にたくさんの野鳥が止まっているのを発見。

コムクドリ19
電線にたくさんの野鳥

念のため、近づいて確認してみると・・・コムクドリの群れでした。これから、北の繁殖地を目指して旅立つのでしょう。

コムクドリ20
コムクドリの群れ

海岸に行けば誰かはいるだろう、ということで、大瀬海岸に行ってみることに。さて、誰がいるでしょうか?

大瀬海岸 午後4時30分頃。

波打ち際に佇むダイサギが3羽。波に呑まれそうです。

ダイサギ17
ダイサギ(左2羽:冬羽、右:夏羽)

アオサギ親子もいます。

アオサギ22
アオサギ(左:幼鳥、右:成鳥)

ここは海岸ですが、カルガモの姿も。

カルガモ10
カルガモ

岩場には、イソヒヨドリのオスが。

イソヒヨドリ29
イソヒヨドリ(オス)

見慣れない色味のカモがいて、ずっと「誰だろう?」と思っていたら、オスのエクリプス羽のオナガガモでした。

オナガガモ1
オナガガモ(オス)[エクリプス羽]

もう、夕方なので時間はあとわずか。でも、夜にはナイトツアーを予約しているので、ワクワク!

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第2話へ続く

<余談>
写真の通り、青空が見えるほど天候が回復してくれたおかげで、無事飛行機で到着できました。本当にありがたいです、感謝、感謝!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ