プロのなせる業 シメ

野鳥の世界 シメ

今回は、あーちゃん宅のちんまい庭のえさ台に新メンバーが加わりましたので、その紹介です。

ある日、ヒマワリの種の食べかすに異変が起きていました。きれいに真っ二つに割られたヒマワリの種の食べかすが、えさ台にたくさん残っているのです。

シジュウカラはどこか別の場所に持って行ってからヒマワリの種を食べるので違うし・・・。

シジュウカラ13
2013年2月 埼玉県自宅の庭
他の場所にヒマワリの種を持って行くシジュウカラ(メス)

スズメはヒマワリの種を撒き散らすので、食べカスをほとんど残さないし・・・。

スズメ44
ヒマワリの種を撒き散らし、食べカスをほとんど残さないスズメ

さては、ネズミ?

モヤモヤしながら、翌朝、窓の外を見てみると・・・太めの野鳥がヒマワリの種をバリボリ食べているではありませんか!あれま、正体はシメ!

常時、数十羽の野鳥たちが飛び交っているのですが、シメは落ち着いて食事をしています。

シメ7
2013年2月 埼玉県自宅の庭

ヒヨドリメジロシジュウカラスズメなどの留鳥たちは、夏季も水場を利用しているので、冬季に設置したえさ台もすぐに利用し始めます。
そのため、日本に越冬にやって来た冬鳥たちは、あーちゃん宅の庭に入りづらいのでは?と思っていたのですが、そうでもないようです。

シメの様子をみていると、スズメを追い払ってヒマワリの種を食べていました。シメはスズメやシジュウカラより、断然体が大きいのでかなり有利のようです。

シメ8
「場所とりは楽勝!」 シメ

ヒマワリの種を入れてあるえさ台は、知人からのプレゼントです。鳥のオブジェが付いていてなかなか可愛いです。シメも興味津々?

シメ9
「あんた誰?」 シメ

シメの太いくちばしは、硬い殻を簡単に割ることができます。今から思うと、あのヒマワリの種の殻がきれいに割られていたのは、プロのなせる業だったのですね。納得!

シメ10
「ヒマワリの種を割るのも楽勝!」
(右下のぼやけた緑色の物体はメジロ)

このシメは、ずっと居座ることはなく、食べ終わったら「ツィー」と鳴きながら飛び去ります。1回の食事に約数分かけ、1日に数回やって来ます。

シメがいない時は、ヒマワリの種をスズメが下に落としてしまい、えさ台が空っぽになることがあります。

スズメ45
ヒマワリの種を撒き散らし中のスズメ

下に落ちたヒマワリの種は、シジュウカラがまめに拾って食べるので問題ないのですが、シメはあーちゃん宅の地面に降りることはないようです。
なので、えさ台が空っぽになったら、シメの食事は終了、となります。あとは、自力で食べ物を探してもらうしかありません。

シメ11
「ここが空っぽになったら、自分で食べ物を探そうっと!」

このシメは目先が黒っぽくないので、若鳥と思われます。おそらく初めての冬を迎えたわけですが、勇気を出して、猫の額ほどの庭にやって来てくれました。
ここの餌だけでは全然足りないので、頑張って餌探しをして、無事越冬してくださいね。そして次の冬も来てください、シメさん!チュ!

<余談>
渡りをする鳥たちが庭にやって来ると、「どこの国で生まれたのかな?その国の環境はどうだろう?こんな小さな体で海を渡ったのかー、すごいな!」といろいろ考えさせられます。

この冬は寒さが厳しい上、今の時期は食べ物がほとんどないようで、庭の餌が完売状態でも、何度でも探しにやって来ます。
数を増やしすぎてもいけないし、甘やかしすぎてもいけないし、と、いろいろ葛藤も多いですが、彼らの命をつなぐ手助けが少しでもできたなら、と奮闘が続いています。

シメの関連記事「ヒゲがご自慢 シメ」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ