おブーちゃんは律義者? オオハクチョウ

野鳥の世界 オオハクチョウ

日本の野鳥の中でもヘビー級の体重でインパクトのある、オオハクチョウという鳥さんがいます。日本では冬季、本州以北で観察することができるようです。

今回は、このオオハクチョウのお話です。

オオハクチョウの繁殖地はユーラシア大陸北部などで、日本には越冬のためやって来ます。オオハクチョウの様子を観察すべく、飛来地に行ってみることに。さて、オオハクチョウはいるでしょうか?

自宅から数時間の距離にある群馬県多々良沼に到着。白い点がポツポツとたくさん浮いています。日本にはコハクチョウもたくさん飛来しますが、さて、どちらでしょうか?確認してみると・・・オオハクチョウです!

オオハクチョウ3
2012年12月 群馬県多々良沼 オオハクチョウの群れ

オオハクチョウとコハクチョウはクチバシの黄色部分の模様が違います。オオハクチョウの方が黄色エリアが大きいです。

オオハクチョウ4
オオハクチョウ(左)、コハクチョウ(右)

オオハクチョウの体長は約140cm、体重は約10kg以上もあり、野鳥界の中ではかなりのおブーちゃんです。これで飛べるのですから大したものです。

オオハクチョウ5
ヘビー級のオオハクチョウ

コハクチョウ同様、オオハクチョウも家族単位で行動するため、グレーの幼鳥を引き連れた姿が目立ちます。

親子でスイスイその1。

オオハクチョウ6
親鳥2羽、幼鳥1羽のファミリー

親子でスイスイその2。

オオハクチョウ7
親鳥2羽、幼鳥2羽のファミリー

親子で一緒に採餌する姿も。

オオハクチョウ8
親子で採餌中。息もピッタリ?

餌付けされているハクチョウたちは、人を見かけると寄ってくるのですが、このオオハクチョウたちは餌付けされていないようで、近寄ってくることはありませんでした。そのため、一生懸命自分で餌を探しています。
オオハクチョウは落ち穂や水草を採餌するのですが、この時は水草を食べていました。

オオハクチョウ9
クチバシから水草が見えています。

多々良沼の周辺には田んぼが広がっているため、オオハクチョウは落ち穂を食べることもできるのでしょう。
オオハクチョウたちの様子を観察していると、面白いことに気づきました。田んぼなどで採餌していたと思われるオオハクチョウが戻ってくるたびに、沼にいる仲間が「コォー、コォー」と騒がしく鳴きながら羽をバサバサさせるのです。まるで、「おかえり~!」と言っているみたいで、寝ていても仲間が戻ってくると、ムクッと起きて歓迎?するのです。オオハクチョウはなかなかの律儀者?

オオハクチョウ10
仲間を歓迎中のオオハクチョウ

長旅の後なので、最終越冬地ではみんなで仲良く過ごしたいのかもしれませんね。春には繁殖地に向けて、群れで一斉に旅立つのでしょう。お元気で、オオハクチョウさんたち!チュ!

<余談>
オオハクチョウを観察した日は、たまたまかいつもか分かりませんが、とても風が強く、体の芯から冷えきるような寒さでした。「よく、こんなに寒い所で越冬できるな~」と感心してしまうのですが、オオハクチョウにとっては、どうってことはないのでしょう。大きくてたくましいおブーちゃんですから保温効果もバッチシ?

<オオハクチョウを脅かすもの>
湖沼・河川・水田の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、中継地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ