光と陰 ヨシガモ

野鳥の世界 ヨシガモ

オスは緑色の帽子をかぶったような、とても美しいヨシガモという鳥さんがいます。カモの仲間の野鳥で、北海道では周年、本州以南では冬季に観察することができるようです。

今回は、このヨシガモのお話です。

毎年、多数のカモが飛来する湖があり、この冬はどんなカモが来ているだろう?と1羽1羽眺めていると・・・ヨシガモを発見!オスが3羽います。他のカモたちに紛れて、プカプカと漂っています。

ヨシガモ1
2012年11月 埼玉県とある湖 ヨシガモのオス

ヨシガモは体長48cm、オスはナポレオンの帽子をかぶっているみたい、といわれており、大変美しいです。容姿がよいカモ、ということでヨシガモと名付けられたそうです。

が、せっかく発見したものの、ヨシガモは寝てばかりいて、なかなか顔をあげてくれません。夜間、イネ科の種子や水草などを採餌するので、昼間は寝ないといけないのカモ?

ヨシガモ2
ヨシガモのオス(前:繁殖羽、後:繁殖羽に換羽中)

待つこと約30分。まだ、寝ています・・・。

ヨシガモ3
ヨシガモのオス(左:繁殖羽)とメス(右)

ようやく1羽が動き始めました。光が当たると頭部がグリーンに輝きます。

ヨシガモ4
ヨシガモのオス(繁殖羽に換羽中)

ヨシガモは日の光で一段と美しく見える鳥さんです。

ヨシガモ5

光が当たらないと・・・

ヨシガモ6
誰?

となってしまいます。光が当たると

ヨシガモ7
おお~、美しい

でも、陰になると・・・

ヨシガモ8
はて?

となり、瞬時に見失ってしまうこともしばしば。
ちなみに、くもりの日も「あんた誰?」というぐらい、別の鳥に見えます。

ヨシガモ9
くもりの日のヨシガモ

ということで、何度も通い続けて、光と陰のヨシガモの姿を観察させてもらいました。ヨシガモの姿を見せてもらうには、やはり晴れの日が最適のようです。

ヨシガモ10
「晴れの日に見てね」 ヨシガモ(オス)

この数日後、ヨシガモはどこかへ去って行き、姿を見かけなくなりました。関東ではあまり越冬しないようなので、さらに南へ向けて旅立ったのかも。
また、いつか、どこかでお会いしましょう、ヨシガモさんたち、お元気で!チュ!

<余談>
他のカモたちに紛れて、水面を泳いでいるヨシガモを観察している最中、何度も見失うことがありました。潜るわけでもないのに「何故?」と不思議に思っていると、光の当たり具合により、ヨシガモの色味が劇的に変化するということに気づきました。それで、あっさりと見失っていたのでした・・・。
図鑑などに載っているヨシガモは、もちろん光の姿オンリーで、陰の姿は載っていません!光と陰の姿がこんなにも違うヨシガモには、ただただ驚かされるばかりでした。

<ヨシガモを脅かすもの>
湖沼・河川の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ